プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3401 NHK新番組「ニュースチェック11」

 年度替わりのこの時期は、各局共に番組改編が多い。NHKでも多くの新番組が始まっているが、この番組については、昨日の本欄でその感想について一部触れたが、今朝も改めてその続編を述べてみたい。

1.独り言コラム
 桑子真帆アナファンの筆者であるが故の続編である。▲政治、社会、ビジネス、国際、スポーツ、科学・文化・トレンド、地域などのジャンル別にニュースを総括しようとする番組だが、いわゆるNHKのきちんとしたニューススタイルではない。▲もう一人の有馬嘉男キャスターと二人で、椅子に座って向かい合って、ディスクジョッキー風にニュースを伝えるのである。▲苗字の「くわこ」を頭にした「くつろいで、わたしといっしょに、こんやもチェック11」というスローガンが時々画面に出て来るが、どうやら、この番組の狙いを表しているようだ。つまり、肩苦しいスタイルでなく、リラックスしてニュースを楽しんでもらいたいというのが狙いのようだ。果たしてその狙いは当たるだろうか。▲確かに、ニュースには楽しいものもあるが、どちらかといえば厳しいものの方が多い。それをこういった形で放送する。よりリアリティが伝わるという形になれば成功だが、下手すれば、バラエティーになってしまいかねない心配もある。その辺りの先導役が、有馬嘉男キャスターの役割なのだろう。▲ともかく始まったばかりの番組だ。船で言えば、霧の掛かった港を出たばかりである。先行きが今一つはっきりしていないが、暫くはその航海ぶりを見守りたい。大袈裟に言えば、桑子真帆キャスタ―の出来次第で、この番組の評価が決まりそうな番組である。

2.プライベートコーナー
 3時半起床、62.4kg。▲風邪気味だった体調が、ここに来て戻って来ている。一時重かった体重も通常の重さに戻って来ている。ファミレスで過ごすワンパターンの生活ペースも戻って来た。この無味乾燥な平凡なワンパターンの生活を大事にしたい。(16-04-06)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3402 出鼻を挫かれる | ホーム | 3400 戦いすんでバタンキュー >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP