プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3403 納得できない!

 世の中には納得できない事が少なくない。それが世の常といえばそれまでだが、中には許せないものもある。

1、独り言コラム
 パナマ書なるものが話題になっている。タックスヘイブン(租税回避地)を利用した金融取引で税金の軽減を狙ったずるがしこい行為が暴露されつつある。その中に、金持ち、有名人の名前があって話題が大きくなっている。習近平主席の親族の名前など、世界各国のトップリーダーたちの名前もある。日本人の名前はまだ出て来ていないようだが、心配している輩もいるのではないだろうか。やはり税金は、自国の法に基づいてしかるべく支払うべきだと思う。▲選挙法改正の国会審議が始まるようだ。論点はアダムス方式の採用時期である。民進党が2010年の国勢調査結果に基づいてという主張に対し、自民、公明両案は2020年の調査を結果適用すべきと主張している。最高裁は幾度も憲法違反状態にあるとしており、適用するなら、直近のデータに基づいて直ぐに実行すべきと思う。そうでないと、筆者がこの目で確かめられないからだ。(笑い)▲舛添都知事の海外酋長費が突出しているという。石原都知事が在任期間28回の出張で4億6千万なのに対し、8回で2億2千万という実績だという。中身は分からないが、1回に出張費に換算すると2倍近い経費を使っている。舛添都知事の傲慢さが金の使い方に出ていると言えそうだ。(怒り)▲TPPの国会審議が始まった。政府は、結論が全てであって、交渉の経緯は明らかにできないとしている。国際間の約束事だと言うんだが、今一つ納得できない面がある。

2.プライベートコーナー
 3時半起床、62.4kg。▲小雨が降っていたが傘を差して散歩を行った。記録を意識しての強行だった。連続記録が途切れるのは、天候の理由よりも、筆者の気力が衰えた時だと思う。病気はその一つであろう。このコラムの記載も同じで、いずれ、そんな時がやって来るはずだ。(16-04-07)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3404 エンブレム最終候補作品 | ホーム | 3402 出鼻を挫かれる >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP