プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3406 漲る緊迫感

 真剣勝負には緊迫感、緊張感は付き物である。幸せは、そんな緊迫感の中から生まれて来ることが多い。

1.独り言コラム
 広島でG7の外相会議が始まった。初日の昨日は、テロ対策、海洋安全保障に関する議題、特に中国の海洋進出への懸念、更には北朝鮮の核、ミサイル問題が話し合われた模様である。今日は首脳が揃って広島の原発記念館などを訪問し、世界平和を祈念する。広島緊迫感で漲っている。▲スポーツは平和の象徴である。この時間(AM3時半)から、マスターズでの松山英樹選手の最終日のプレイが始まった。樋口久子選手以来の40年ぶりの日本人選手の優勝が期待されている。5時間後には結果が出る。朗報を期待している。なお、この中継放送では中島常幸選手は解説を担当しているが、同氏の解説は適格で、昨日のトップを守ったスピークス選手の終盤でのドライバーショットで異変を指摘していた。結果はその通りで、上がり2ホールで3打も落とした。このスピークス選手のその調子を戻しているか否かが勝負を大きく左右しそうだ。▲勝負ということでは、昨日まで行われていたコンピューター(CP)との公式戦で、CPのボナンザがプロ棋士の予選を勝ち抜いた山崎8段を破った。先日は囲碁で圧勝したAIが将棋でもその力を発揮している。恐ろしや、AIの能力である。山崎8段は緊迫感の中で実力が発揮できなかったのが残念である。▲ペルーの大統領選挙が行われていて、元大統領のアルベルト・フジモリ氏の長女のケイコ氏の優位が伝えられている。世界で日本人の活躍が伝えられるのは嬉しいことである。ケイコ氏周辺は、緊迫感の中でゆとりが感じられる。▲女性騎士としてデビューした藤田菜七子さんが昨日行われた福島での中央競馬で初勝利を挙げた。嬉しい一勝に違いないこれで、それまでの長い緊張感から解放されたことだろう。▲さて、私事だが、一人暮らしの筆者は、今年後期高齢者の仲間入りをして、毎日、毎日生きているということに心地いい緊張感を覚えている今日この頃である。

2.プライベートコーナー
 2時半起床、63.0kg。▲いつの間にか、朝の散歩に出かける時間が5時半前になった。冬至の頃の6時半から1時間以上繰り上がった。途中で出会う人たちの顔ぶれも大分変わっている。沢山いたかもたちがほとんど姿を消した。北の国に帰ったのであろう。このところ天候が悪く、日の出が見られないのが残念である。(16-04-11)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3407 無期限停止 | ホーム | 3405 出番 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP