プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3415 死んだはずだよお富さん

 60年ほど前の春日八郎さんのヒット曲、「お富さん」の一節である。世の中には、もう一旦は死んだはずだと思われている人、会社などが、まだ頑張っている現実に、ちょっとしたドラマを思う今日この頃である。

1.独り言コラム
 一昨日の深夜に放送されたTBSの新番組「橋本、羽鳥」を録画でみた。ゲストにみのもんた氏が出演していたのにちょっとびっくり。息子の不祥事で朝の看板番組のMCを降りた時点で、死んだはずだと思っていたが、まだぞろ顔を出して来ているのである。この番組で、息子のことは自分には関係ないとほざいていたが、息子の指導もできない親が、影響力の大きい番組ででかいことを言う資格はないと思う。▲鳩山由紀夫、菅直人の二人の出来の悪い総理で、多くの民意を失い、政権を投げ出し、死んだはずだった民主党が、党名を変えて復活を期そうとしている。看板を塗り替えても中身が変わっていない訳で、生き返るのは難しいと思う。▲MLBから戻って来て一年間四国リーグで地元のファンに応えていたかつての抑えのエースである藤川球児投手が、阪神の金本杜知憲新監督の直接の口説きで阪神に復帰した。そして、開幕と同時に先発投手陣のローテに入って話題になっている。既に3回先発登板し1勝を挙げているが、やはり往年の力は見られない。同氏の場合も、「死んだはずだよお富さん」の一人だと思っていたのは筆者一人ではないと思う。▲海外に目を転じると、レイムダックと呼ばれて久しい米国のオバマ、先の総選挙で敗北した韓国の朴槿恵、下院議会で弾劾が可決されたブラジルにルセフの三人の大統領も「死んだはず」のリストにアップされている。▲日本の大企業の中にも、東電、シャープ、東芝などは、今や「死んだはず」の仲間入りをしてしまった。但し、東電バックに国がいてくれるので、死ぬことはないのが強みだ。▲昨日の東証の株価が、筆者の予測とは全く違って大きく反発した。熊本地震で、一旦は「死んだはず」となり、暫くは低迷すると見ていたのだが、この早い反発は大いに意外である。株価の動きは全く予断を許さない。▲今日、囲碁十段戦の第4局が行われる。井山裕太6冠が、囲碁界初の7冠制覇を果たすのは今日なのだろうか、伊田篤史十段の闘志はまだまだ盛んで「死んだはず」とは程遠い。夕方には決着がつきそうで、その結果を待ちたい。

2.プライベートコーナー
 2時半起床、62.4kg。▲昨夕、死んだはずだと思っていた番組「テレビタックル」を録画で見たが、その中で75才以上になれば運転免許書を返すべきだとの議論をしていた。「おい、おい、おい」と思わず叫んでしまった。片田舎では、大袈裟でなく、買い物、病院通いなどには執拗で、車が使えないと生きていけない。(16-04-20)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3416 井山裕太7冠制覇 | ホーム | 3414 大暴落、地震と株価の相関 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP