プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3419 なかなか勝てない人

 勝負事は、いわゆる実力通りの結果で勝負がつくとは限らない。好不調やつきなどもあり、どうしても「勝ち」から見放されている人もいる。

1.独り言コラム
 今日は注目の衆院補選が北海道と京都で行われる。世論の動向を占う意味で、その結果が注目されている。一度は政権を取った民主党だったが、鳩山、菅のだらしない政権運営で、完全に民意を失っている。今回は民進党に党名を変えて出直しの戦いであるが、果たして、それで勝てるのだろうか。▲同じ選挙でもアメリカでは大統領の予備選は大詰めである。共和党のトランプ氏の勢いは衰えていないし、民主党のクリントン氏も逃げ切り体制に入っている。勝てないと思われていたトランプ氏が勝ちそうで、共和党は苦しい闘いを強いられそうだ。▲日米のプロ野球も始まって一か月近くになるが、よく投げているがどうしても勝てない気がかりな投手が何人かいる。MLBでは、マリナーズの岩隈久志投手、日本では、オリックスの金子千尋投手である。岩隈投手は昨日4回目の登板でエンゼルスを相手に8回を2点に抑え、同点で降板し、またしても勝ち星は得られなかった。一方の、金子投手は昨日ロッテ戦に今季5試合目の登板をした。なかなかの好投で7回まで1失点で抑えたが、味方が得点できずに勝てなかった。さお、ヤンキースの田中将大投手も今期はなかなか勝てない一人である。ちょうど今、レイズと対戦中で2勝目を期しているが、7回まで投げ終わって2失点で、2-1とリードされている。今期2勝目はどうなるのだろうか。▲テニスのバルセロナオープンでは、3連覇を狙う錦織圭選手は順調に勝ち進み、今朝も勝って遂に決勝戦への進出を決めた。決勝では、強豪ナダル選手(スペイン)と対戦する。相手が相手だけに、3連覇は容易ではない。▲将棋名人戦6番勝負では、昨日の第二局に挑戦者の佐藤天彦8段が力戦を制し1勝1敗のタイに持ち込んだ。羽生名人から4勝を挙げるには容易でない。果たして、新名人が誕生するか。勝負はこれからである。▲米国女子ゴルフツアーでは今週、野村敏京選手が2日目を終わって2位に3打差をつけて単独トップに立っている。日本人選手はなかなか勝てないツアーだが、今期は既に1勝しており、2勝目が見えてきている。現時点で、リオ・オリンピック候補の一番手でもある。しかし、男子で松山英樹さんがマスコミでモテモテのような扱いが、それが彼女に見られないが気の毒だが、やはり、そういう事情(詳細は割愛)のためなのだろうか。

2.プライベートコーナー
 2時半起床。体重62.7kg。▲散歩コースの国道161号線沿いにドンキホーテが近く開業する。看板には既に「深夜3時まで営業中」と出ていたので立ち寄ってみたが、まだ準備中だった。作業していた人に聞くと28日オープンだという。大津市内では2軒目だが、採算は成り立つのだろうか。(16-04-24)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3420 隠れファン | ホーム | 3418 嘘じゃない! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP