プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3420 隠れファン

 大辞林には「特定の人物や団体を贔屓にする人のうち、自分がそうであることを公言していない人のこと。また、公言できない人のこと」とある。

1.独り言コラム
 北海道5区の補選で自民党の候補者が勝利した。差し当たっては、安倍総理はほっとしていることだろう。同氏のやり方には、強引すぎるとも批判があるようだが、筆者はその実行力を評価していて、安倍総理の隠れファンである。▲日本の女子ゴルフ、フジサンケイレディースでは、熊本出身の大山志保さんが逆転で、今期初、通算17回目の優勝を果たした。アン・ソンジュ選手が最終ホールでダボを叩くというラッキーな優勝だった。賞金の1440万円は熊本災害に寄付するという。目下、リオ・オリンピック出場権獲得に関しては3番手のきわどい位置にいて、この勝利は大きなポイントアップになったものと思われる。筆者は、そのスリムな体をしならせて頑張る彼女の隠れファンである。▲将棋界の将来の棋士目指す棋士の卵たちが集まっている奨励会の3段リーグの今年度上期のリーグ戦が始まった。今期の注目は、史上初めて、西山朋佳と今期が実質2期目の里見香奈の二人の3段の女性棋士が参戦していることである。土曜日に行われた第一日で、二人は共に2連勝して第一日を終えた。40人近くいる棋士が、半年間のリーグ戦で一人18局を戦い、上位2人が4段に昇格し、正式な棋士となる厳しい難関である。言うまでもなく、筆者は二人の隠れファンである。果たして、初の正式な女性棋士は誕生するのであろうか。▲将棋といえば、NHKの日曜日の将棋ジャーナルの司会を務める伊藤かりん(乃木坂46)さんは、2年連続でこの番組を担当している。なんといってもその明るさが好印象を与えてくれている。加えて、将棋の腕も結構上達しているようで、いつの間にか隠れファンになってしまっている。▲テレビ朝日系列の「クリームミラクル」というクイズ番組で頑張っているAKB48の大家志津香さんの存在に関心を持っている。彼女が「漢字ばらばらクイズ」で見せる天才的なひらめきに、凄い魅力を覚えているからである。気が着くと、いつの間にかファンになっていた。何かに特殊な才能を持っている方には惹かれるのである。▲4月から始まったNHKの夜の新番組「ニュースチェック11」のMCの桑子真帆アナも、筆者の隠れファンである。「プラタモリ」で見せたアシストぶりは、タモリ氏も高く買っていた。何となく能天気な明るさが癒しとなっている。相棒の有馬嘉男氏とのコンビもなかなかよろしい。▲他にも、「Qさま」の三浦奈保子、読売テレビの中谷しのぶアナ、歌手の水森かおり、石原詢子、時々コメンテーターとして出演している優木まおみさんらの番組は、なるべく見逃さないようにしている。私には、癒しを与えてくれて、貴重な隠れファンたちなのだ。

2.プライベートコーナー
 2時起床。体重62.7kg。▲毎朝の散歩では、最近は腰まで琵琶湖に入って釣りを楽しんでいる方が増えている。面白いのは、ほぼ50メートル程度の等間隔で並んでいるところだ。何となく絵になっている。ところで、一時は、数千羽いたコガモなどの渡り織がほとんど姿を消した。日本に居残りことを決めた百羽ほどの姿がみられる。湖岸の風景の移り変わりも楽しい。(16-04-25)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3421 お詫びの風景 | ホーム | 3419 なかなか勝てない人 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP