プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3430 みどりの日

 みどりの日は「自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ日」と法律で定められているが、その誕生の経緯は少し込み入っている。

1.独り言コラム
 今から10年ほど前の調査(2008年のオリコン調査)によると、「みどり」と名の付く有名人では、1位が五月みどりさん、2位がうつみ宮土理さん、3位がフィギュアの伊藤みどりさんだった。筆者は、今朝、このコラムを書くに当たって、瞬間的に頭に浮かんだのは、踊りの西崎緑さん、それに元NHKキャスターの宮崎緑さんである。いずれにしても、昨日は、全国の「みどりさん」が好むと好まざるに関わらず、脚光を浴びた「みどりの日」だった。▲ご案内の通り、5月4日は、最初は「国民の休日」という呼び名の祝日として誕生した。3日の憲法記念日と5日の子供の日の祝日の間を「国民の休日」とする法案が出来て、3連休が誕生した。1986年のことだった。▲その後1989年に昭和天皇が崩御され、4月29日の天皇誕生日を「昭和の日」として残そうとしたが、野党のつまらぬ反対で「みどりの日」という祝日となった。しかし、2005年になって、野党の賛成を得て、4月29日が「昭和の日」となり、その結果、2007年以降は、そこで不要になった「みどりの日」が、それまでの「国民の休日」に代わって改めて誕生したという経緯である。▲こうして、ちょっとややかしい経緯となったのも、なんでも反対のつまらぬ野党の存在があったからだ。そんな野党も、今回の熊本地震災害の対応法案では、「与党も野党もない」ということで歩調を合わせた。当然のことだろう。▲ところで、一昨日の憲法記念日では、列島では憲法改正に関して、改憲派と護憲派がそれぞれ集会を開いてそれぞれの主張を展開した。マスコミが行った憲法9条に関する改正については、今なお反対派が60%以上の世論を得ているようだ。▲そんな中で、安倍総理は、在任中の憲法改正を訴えて頑張っている。国、国民の安全、安心を守るのは国の最重要課題である。みどりの日はそんな平和が確保されてこそ、その存在意義を持つ祝日である。そんなことを思いながら、昨日は、改めて、「みどりの日」の存在意義を噛みしめた1日だった。

2.プライベートコーナー
 2時半起床。体重63.0kg。▲最近になって時々思うのが、自分がどんな逝き方をするのだろうか、ということである。一般的には、病死、事故死、災害死、殺害死、自殺、それに行倒れ、突然死といった逝き方がある。▲願わくば、筆者はなるべく皆に迷惑をかけずに静かに亡くなるような逝き方を望んでいる。突然に、あっという間に亡くなる病死、事故死、災害死などの突然死であればいいのではと思う。例えば、毎朝の散歩中に、心臓発作のような形での、行倒れ的な突然死は、ある意味では理想的な逝き方かもしれない。(16-05-05)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3431 子供の数減少傾向に思う | ホーム | 3429 京都、大阪、神戸、相次ぐ車の暴走事故 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP