プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3435 委員長

 この役職の名前を聞くと、小学校、中学校時代のクラスの委員長を思い出す。僭越だが、筆者も幾度か拝命したことがある。しかし、政治世界では、大統領、首相、主席に比べると、今一つは迫力に乏し役職のように響く

1.独り言コラム
 36年ぶりの党大会で、金正恩第一書記は、新しいポストの委員長に就任した。朝日新聞は、それによって、同氏を偶像化しようとの狙いがあると報じている。▲北朝鮮では、初代の金日成氏が主席 二代目が金正日総書記、そして三代目の金正恩氏も第一書記と名乗っていたが、今回新たなポストである委員長に就任した。北朝鮮では、同じポストを名乗らないところがミソ(?)のようだ。▲日本の政界では、委員長ポストは、共産党の代表が委員長を名乗っていて、現在は志位和夫委員長である。かつては野坂参三、宮本賢治、不破哲三氏らのそうそうたる名前は今も筆者の記憶に残ってる。またかつては、社会党の代表が委員長と称いていた。浅沼稲次郎、成田知己、江田三郎氏らの名前が浮かぶが、何といっても初代の片山哲委員長、そして最後の第十四代の村山富市委員長は総理大臣を務めたのは異色である。▲国会のいろんな委員会のトップは委員長であり、広い意味で「委員長」は権限と名誉を合わせ持つポストであることには違いない。

2.プライベートコーナー
 6時起床。体重 測定忘れ。▲昨日は、お昼と夜の二本立てで、素敵な人たち会食することが出来て、大いに発散させていただいた。特に、夜の部で参加いただいた二人のご婦人の未だ衰えぬ美貌に満喫だった。▲そういうことで、今朝はいつもの時間に起きられなかったが、それでも霧雨の中を2,2kmほど散歩を済ませ、このブログに取り掛かっている。幸せな気分である。
関連記事
スポンサーサイト

<< 3436 オバマ大統領、広島訪問 | ホーム | 3434 ダントツの壁 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP