プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3437 新鋭の活躍に注目

 どこの世界も、有力な新鋭が登場して大活躍することが、その世界の活性化を図ることに直結する。今朝は、角界、将棋界の新鋭に注目してみた。

1.独り言コラム
 大相撲は夏場所が始まっている。今場所から十両に昇進した関学出身の宇良関が、昨日まで2勝2敗と大健闘である。かつての舞の海さんのようなアクロバット的な技が注目で、人気を呼んでいるようだ。まずは勝ち越しが大目的だろう。あと6勝は容易ではないと思うが頑張って、力士としての地位を確保して欲しい。▲将棋界では、プロ棋士目前の3段リーグで二人の女性が頑張っている。前期までは、里見香奈3段が一人だったが、今期から西山朋佳3段が新たに加わった。将棋界の歴史では、今までに、3段リーグを突破した女性棋士はいない。二人が、新しい歴史の幕を切り開けるかにファンの注目が集まっている。今期の3段リーグには30人の棋士がいて、一人18局を戦って、上位2人が4段に昇段できる。既に各棋士が4戦しているが、この二人の女性棋士は共に4連勝の出だしである。この勢いが続けば、将棋界の新しい幕開けとなるが、果たして結果や如何である。9月末には結果が出る。楽しみにして見守っている。

2.プライベートコーナー
 5時起床。▲昨日は上京4日目、千葉の姉ヶ崎で昔一緒に仕事をした仲間の方々と昼食会を楽しませてもらった。幸い、この日は、大きな失言などはなかったようだ。▲こちらに来て、少し厳しい腰痛に見舞われているが、朝の散歩は、頑張って継続している。今朝の千葉は今回の上京で初めて快晴で、気分よく、楽しく歩いた。(16-05-11)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3438 三菱自動車 | ホーム | 3436 オバマ大統領、広島訪問 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP