プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3441 またブーイングの白鵬

 勝負がついた後に駄目押しをして不評を買っている大横綱が、今度は、またしても、真っ向勝負を避ける相撲を見せた。

1.独り言コラム
 大相撲夏場所は昨日が中日だった。今場所は、大関稀勢の里が安定感を増し、横綱白鵬と並んで全勝で折り返した。後半戦の優勝争いが注目である。▲そんな中で、白鵬が昨日の取り組みで、新関脇の琴勇輝を相手に真っ向勝負を避けて右にかわして完勝した。▲大事な勝負で、真っ向勝負を避けて奇襲戦法を選ぶことは一つの戦い方なのだが、大横綱がやるべき戦法ではない。熱戦を期待していたファンを裏切る勝ち方に、場内はブーイングだった。先場所の千秋楽での優勝を決めた場合もそうだったが、大横綱らしくない相撲はいただけない。▲それだけ自信がなくなって来たということなのだろうか。

2.プライベートコーナー
 4時20分起床。62.8kg。▲昨日は葵祭りを楽しんだ。後期高齢者になってからのこの種の見物は大仕事で、大げさに言えば、格闘技を戦うようなエネルギーが必要である。▲行列を楽しむには、その位置取りがポイントだったが、初めてのことで結構苦労した。また込み合う中を移動するのも容易でなく、加えて。お天気が良くて暑かったこともあって、待機する忍耐も必要で、腰痛が治っていない筆者には、大変疲れた一日となった。(16-05-16)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3442 炎上する舛添知事 | ホーム | 3440 無題 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP