プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3445 また起きた!

 事故、災害、犯罪、うっかりしたミスなどの不幸な出来事は、繰り返し起きてはいけない。しかし、実態は、ほとんど毎日、世界のどこかで何かの災難が起きている。

1、独り言コラム
 沖縄の嘉手納基地近くで、また若い女性が殺害された。犯人はアメリカ人で嘉手納基地の軍関係者のようだ。基地を失くすことを訴えている沖縄県民には、火に油を注ぐことになった。翁長沖縄県知事は「改善されていない」と勢いづき、岸田外相は「遺憾」だと米国大使を外務省に呼んで抗議した。この種の婦女暴行は基地近辺だけに限った犯罪ではないが、今回も米軍関係者によって起きただけに、事は厄介だ。▲今度は大阪府箕面市の新名神高速道路工事現場で起きた。重さ33トンの橋桁を支える借り受け台が倒壊したのである。4月22日に神戸JCの工事現場で起きた場合と違って、今回は事故が起きた時には現場は無人だたっという。工事の方法に何か致命的な欠陥があるのではなかろうか。▲パリ発カイロ行きエアバス320のエジプト航空機が地中海に墜落した。乗員、乗客66人が行方不明だ。テロの可能性があるという。人の命を何とも思わないテロ集団の破壊行為は実に厄介である。▲差し当たっては、来週の伊勢志摩サミットが無事に終わることを願っている。

2.プライベートコーナー
 1時半目覚め。62.4kg。このブログ配信後、もう一寝入りのつもり。▲腰痛が治らず、別の痛みが併存しているように感じていたので病院に行った。がんなどの厄介な病気が気になっていたが、坐骨神経痛だと診断されてほっとした。(16-05-20)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3446 逃げ一点の舛添都知事 | ホーム | 3444 タイ タイ タイ タイ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP