プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3452 ピンチ

 注目のサミット第一日の昨日は、不測の事故もなくほぼ順調に終わった。今日は、会議が終わった後の、オバマ大統領の被爆地広島訪問での献花が予定されている。日本国民は、そこでのオバマ大統領のスピーチ内容に注目している。そんな明るい話題の一方で、気の毒にも大ピンチに追い込まれている人たちの話題を拾ってみた。

1.独り言コラム
 昨日終わった将棋名人戦第4局では、挑戦者の佐藤天彦8段が勝って3連勝とし、名人奪取にあと一勝と迫った。防衛して通算10期目の名人を期している羽生名人が一気にカド番に追い込まれ、大ピンチである。来週には息継ぐ間もなく第5局が行われるが、大名人羽生は堪得ることが出来るのであろうか。▲「出わ、出るわ」は、対応した舛添都知事の公私混同のスキャンダルである。ここに来て古本屋、ホテル、昆布になどでの買い物や家族旅行と称した実態が、相手をした当事者たちの証言が公にされて、公費の支出とは言い難い事例が次々とクローズアップされている。第三者と舛添氏が口にしていた二人の弁護士が選任されたようだが、どんな調査結果が出されるのであろうか。舛添都知事のピンチは、日に日に厳しさを増している。▲久しぶりに先発出場した3試合で13打数10安打という大暴れで、世界記録にあと18安打まで迫ったイチロー選手だったが、その後の2試合では10打数ノーヒットで、一転して音無しだった。今朝の試合では出場の機会はなかったという。イチロー選手も人間である。波があって当然ではあるが、大ピンチではないがちょっとしたピンチである。▲世の中では、ピンチを頑張って克服し、チャンスに変えて成功した事例も少なくない。羽生、舛添、イチローの今後の戦いぶりを注目したい。

2.プライベートコーナー
 3時半起床。体重62.7kg。▲今朝は雨がかなり降っていたが、いつも通り4時半には傘を差して散歩に出た。琵琶湖湖岸では、それでも数人の魚釣り客がいた。雨は散歩が終わるころにはほぼ上がったような状況だったが、スニーカーはぐっしょりだった。意地での散歩強行だった。▲ブログもそうだが、意地で続けていることが幾つかある。筆者には、それらが安定した生活を保つドライビングフォースでもある。(16-05-27)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3453 オバマ広島で名演説 | ホーム | 3451 伊勢志摩サミット >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP