プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3459 セ界は混戦、パ界はソフト

 今年のプロ野球は、ほぼ1/3が終わって恒例の交流戦が始まっている。まだ優勝云々を語るのは早いが、それでも、ペナントレースが始まる前の下馬評とは大分違った展開も出ている。

1.独り言コラム
 今までの結果を一言で総括すれば、セリーグは混戦、パリーグはA,Bクラスにはっぃりと別れ、その上にソフトバンクが突出している。▲各チーム共に、新しい選手の名前がいっぱいで、去年までの知識だけでは、よくわからない選手たちが数多く一線で活躍している。▲交流戦直前の巨人―阪神戦をテレビ観戦したが、知っている選手が少ないのにびっくりだった。知っていたのは、巨人の選手では、長野、坂本、村田選手、阪神の選手では、ゴメス、福富、鳥谷、大和選手辺りごく限られた選手だけだった。阪神の原口選手のように支配下登録だった選手がレギュラーで活躍しているから驚きだ。▲交流戦は、昨日で各チームが最初の3連戦を終えたが、セ・パが9勝9敗で同率である。珍しくセが頑張っているのである。チーム別では、復帰した阿部効果で巨人が3連勝してトップに立っている。▲ペナントレースも交流戦も勝負はこれからだが、混戦が続く方が野球ファンには楽しい。そういう意味では、ソフトバンクの独走を許さないように、この交流戦では、セの各チームにも頑張ってもらいたい。▲新監督の中では、セの高橋巨人、金本阪神、ラミネスDeNAはいずれもよく頑張っているが、パの梨田楽天が苦戦している。12球団中で、見た目で一番楽しているように見える監督は、昨年日本一を制したソフトバンクの工藤監督である。さあ、今年の最終結果はどうなっているのであろうか。▲幸か不幸か、筆者は特に応援しているチームはない。強いて言えば、アンチ阪神、アンチ巨人である。

2.プライベートコーナー
 3時起床。体重62.8kg。▲昨朝の散歩時、久しぶりに鮮やかな日の出を見た。東の山の稜線に雲がなかったからである。大きな太陽が昇って来た位置も、近江富士と伊吹山の中間よりも少し北側に位置していた。▲綺麗な日の出は、意外にも、なかなか見られない。こんなに綺麗な日の出は、大雑把に言えば、お正月の初日の出以来だった。(16-06-03)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3460 大和君発見/保護 | ホーム | 3458 話題沸騰/ゴリラ射殺 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP