プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3462 あっぱれ!

 昨日のプロスポーツ(野球、ゴルフ、テニス)はいずれもファンを喜ばせる大熱戦が多かった。思わず、「あっぱれ!」と叫んだプレイもいくつかあって留飲を下げた。

1.独り言コラム
 プロ野球交流戦では面白いゲームづくしだった。まずは、日本ハムの太谷翔平投手が、巨人戦に投手と打者の二刀流で出場し、投手として、ファン期待の163kmの最速新記録を出した。同投手の好投で、巨人の連勝を6でストップさせた。「あっぱれ!」である。▲延長12回にもつれ込む大熱戦が2試合もあった。広島―ソフトバンクは、広島がさよなら勝ちで首位を奪還、阪神―西武では、西武が敵地の甲子園で阪神に競り勝った。いずれもファンには堪らない「あっぱれ!」な勝ちぶりで、アンチ阪神ファンの筆者は思わず留飲を下げた。▲また、オリックスとDeNAは、共に2ケタの大量点で、ヤクルトとロッテに大勝し、いずれも、このカードで3連勝を果たして気を吐いた。これまた「あっぱれ!」だった。▲交流戦は2/6のカードを終わって、パが18勝17敗1引き分けと首一つリードだが、今年はセ・リーグの頑張りが目立っていて、「あっぱれ!」だと申し上げておこう。▲ゴルフでは、男子はメジャーツアーの日本ツアー選手権で、プロツアー9年目の31歳の塚田陽亮選手が大逆転で初優勝を果たした。塚田選手は、この日12位タイと首位と4打差のスタートだったが、途中で2発のチップインを決めるなど、信じられない大逆転を演じた。「あっぱれ!」の極め付けである。また女子のヨネックス・レディースでは、タイのチュティチャイ選手が前日の首位を守り切って初優勝した。二人とも「あっぱれ!」の初優勝だった。▲一方、海の向こうの米国女子ツアーでは、今期好調の野村敏京選手が追い上げたが惜しくも1打差の2位に終わり、今季3勝目を逸した。このところ冴えていない宮里美香さんは、今朝の最終日は、7アンダーのビッグスコアで追い上げて、今期最高位の6位タイに食い込んだのは「あっぱれ!」というべきだろう。来週のメジャーツアーの全米女子プロ選手権に弾みとなって欲しい。▲テニスの全仏オープンでは、王者のジョコビッチ選手がマリー選手を3-1で破って優勝を果たした。しかし、ちょっと意外だが、同選手は全仏では初優勝だという。これで4大オープンを制し、史上8人目の生涯グランドスラムとなった。これまた「あっぱれ!」の極みである。▲我が人生では、「あっぱれ!」には縁が無かったが、他人事の「あっぱれ!」でも気分は良いものである。

2.プライベートコーナー
 2時起床。体重62.7kg。▲昨朝の4時半頃は雨が中降りだったが、傘を持って散歩を行った。途中で少し風もあってきつかったが、連続記録を途切らさないための老人の意地での散歩だった。一応、あっぱれ! と申し上げておこう。(15-06-05)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3463 違法性がないが不適切 | ホーム | 3461 お仕置き/地位協定見直し >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP