プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3469 秒読み、イチロー選手大記録達成

 一昨日には、陸上の桐生祥秀選手が100mで、自身で二度目の10,01秒の記録を出して、悲願の9秒台の記録達成に迫っている。▲昨日は、プロ野球の大谷翔平投手が163kmの投球を何回か記録、164kmの新記録誕生の予感も高まっている。▲そして、イチロー選手の大記録の快挙が目前である。

1、独り言コラム
 イチロー選手が、ピートローズ選手が1986年に達成した生涯安打記録の4256本の世界記録にあと4本に迫って来た。更新は目前で、場合によっては、今日、明日にも達成、更新の可能性がある。▲今シーズンが始まる時点では目標まで43本に迫っていたが、レギュラー選手でなく控えであったことで、なかなか思うようには安打が出ず、それなりの焦燥感があったと思う。それでも一本、一本の地道な積み重ねで着々と目前に迫って来ているのは見事というしかない。ここまで来ればあとは時間の問題であり、もはや、焦りはないはずだ。▲イチロー選手がMLBに移籍して16年目、この間に、レギュラーシーズン262安打、10年連続200安打達成といった歴代の大記録を次々と更新し、国技と言うべきアメリカ野球の記録を塗り替えて来た。その上での今回の世界記録の誕生である。アメリカ人にとっては内心面白くないものを覚えている野球ファンも少なくないのではなかろうか。そういう意味では、ここに来て、先発出場の機会を比較的多く与えてくれているマーリンズの監督の配慮には感謝したい気持ちがある。▲そんなイチロー選手の活躍を応援する一方で、筆者にはつまらないことに拘っている。それは、日本の相撲界でのモンゴル出身の大横綱白鷗関の活躍への拘りである。優勝回数を始めとする歴代の多くの相撲界の記録が、どんどんと塗り替えられていることへの一相撲ファンの拘りである。それは、アメリカにおけるイチローの活躍に通じるものがあろう。▲しかし、スポーツには国境がない。大記録は人類の記録として世界が称えるべき快挙であり、大きな目で見る必要があろう。そんなことを言いながらも、白鵬関には、双葉山が記録した69連勝だけは破って欲しくないと器の小さな筆者は拘っているのである。ちょっと心配は、白鵬は、先場所の全勝優勝で目下29連勝中であり、一度は64連勝まで伸ばした実績をもっているだけに、最後の闘志を密かに秘めているはずである。誰か、早いうちにつぶしてもらいたい。

2.プライベートコーナー
 1時半起床。体重62.8kg。▲妻が亡くなり、一人生活に入って一年半になるが、その寂しい生活の中で最も困るのが、話す相手がないことである。▲日常生活で生じるもろもろの悩みや苦悩は、人に話すことによって救われることが少なくないのだが、それらを自分一人でマネージしなければならない。そういう意味からも、毎日遺影に向かって語り掛ける日が多くなってきている。(15-06-13)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3470 土俵際の舛添都知事 | ホーム | 3468 メチャ・セコイヤ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP