プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3470 土俵際の舛添都知事

 昨の午後に都議会で行われた総務委員会での舛添知事への集中審議で、同氏も腹を固めたようである。さあ、都議会は明日の最終日で、どんな裁定を下すのだろうか。

1.独り言コラム
 昨日行われた都議会総務委員会での舛添都知事に対する集中審議に注目した。最初に質問に立った自民党の鈴木都議の追及の模様は、テレビ中継されたことで、興味深く見守っていたが、期待の一問一答形式の追及に甘さが目立ち、多くの視聴者をがっかりさせた。▲しかし、その後の公明、共産、民進各党の都議のしかるべき追及もあって、打たれ強い舛添知事も、どうやら腹を固めたようである。▲ハプニングが起きたのは、審議の最後の場面だった。そこで自ら発言を求め、決断するにしても、リオオリンピックが終わるまで猶予を欲しいと発言したという。▲ここに来て、これまで行われて来た、代表、一般質問、定例会見などを通じて行われた繰り返しの追及によるボディブローが漸く効いてきたようだった。明日行われる都議会最終日での不信任案の採決結果が注目される。▲猪瀬前都知事に次いで短命に終わりそうな舛添氏を見ていると、あの石原慎太郎都知事の存在が改めて大きく見えて来る。果たして、次は誰になるのであろうか。自民党の小池百合子、石原伸晃、民進党の蓮舫、長妻昭などの名前が取りざたされているようだが、…。▲ところで、2年東京オリンピックに関しては、新国立競技場の設計、エンブレム採用でやり直しをさせられた上に、IOCへのロビー工作での裏金疑惑も出て来ている上での今回の都知事騒動である。どうやら2020年東京オリンピックは祟られているようで、しっかりした御祓いが必要のようである。▲なお、手前みそだが、筆者は、5月17日の本コラム(3442回ご参照)で、舛添都知事の辞任は時間の問題だと早々と書いているが、先見の明があったと満更でもない気分である。

2.プライベートコーナー
 1時半起床。体重62.9kg。▲昨日は妻の月命日だった。今でも、彼女が生きてくれていたらとの思いは強い。(15-06-14)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3471 3つの大きなXデー | ホーム | 3469 秒読み、イチロー選手大記録達成 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP