プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3474 新・イチロー語録

 4257本目のヒットの世界記録を作って語ったイチローの言葉には、胸に響く幾つかの新たな語録を生んだ。

1.独り言コラム
 4256本の記録の持ち主であるピートローズ選手は、「イチロー選手のヒット数は、レネルの低い日本での記録を合わせたものであり、自分が王者であることに変わりない」と語ったという。▲米国メディアでは「ヒット・キング」という見出しでこの快挙を伝えたものもあったようだ。▲イチロー選手は「日米通算という数字は、どうしてもケチが付くことは分かっていた。数字は好きにしてください」と自分の主張を口にすることはなかったという。▲一方で、「自分は子供の頃から人に笑われてきた悔しい歴史を送って来て、それを常に有言実行で達成してきたという自負がある」と語り、幾つかの裏話を披露していた。例えば、子供の頃は練習をしていると「プロ野球の選手になるんだって?」と笑われていたし、大リーグに移籍する時には、首位打者なってみたいと目標を掲げると周囲では真に受ける人は誰もいなかったという。それでも2度も首位打者になったといった具合に、笑われたのをばねにして頑張ってきたという。▲そんな中で、筆者が気に入った言葉は、「ここにゴールを設定した覚えはない」という言葉だ。なかなか味のある言葉であり、イチロー選手ならではの言葉だと思う。▲これから先、どこまで記録を伸ばすのだろうか。42歳はまだ若い。

2.プライベートコーナー
 2時起床。体重は62.8kgと通常並み。▲昨朝も4時半に散歩に出かけた。家を出る際には、霧雨のような雨だったので傘を持たずに出たのだが、途中でじっとりと濡れてきたので、2.1kmの最短距離に止めて切り上げた。散歩の連続実姉記録を意識してのささやかな頑張りだった。(15-06-18)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3475 メルトダウン | ホーム | 3473 金字塔 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP