プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3477 ソフトバンク2年連続優勝

 今年度のプロ野球交流戦108試合が終わった。結果はパリーグが60勝47敗1引き分けで、今年もパリーグの圧勝だった。

1.独り言コラム
 プロ野球の交流戦が始まったのが2005年で、今年で12年目であり、その歴史はまだ浅い。この間、パリーグチームが10回も優勝を果たしているのに対し、セリーグは巨人が2回優勝しただだけである。▲中でも、ソフトバンクが今年が2年連続で6回目の優勝で、圧倒的な強さを誇っている。惨めなのはセリーグで、勝ち越したのは広島の1チームで、4チームが負け越しだった。▲昔から、セの人気、パの実力と言われて来ていたが、この結果を見る限り、それに異論を差し挟む余地はない。しかし、そうは言うものの、日本シリーズはさておいても、オールスターゲームでは、最近はセリーグが大きく勝ち越している。▲因みに、過去5回優勝(今年を除く)のソフトバンクも、そのまま日本一を獲得したのは3回に留まっている。他にはロッテと巨人が交流戦を制してそのままに日本一に一度ずつなっているが、交流戦の優勝が、そのまま日本一に結びついているわけではない。▲プロ野球ファンから見ると、長いペナントレースの中で、普段見られない対戦が見られる楽しいシリーズであり、同時に、このシリーズが各チームにとって、一つのターニングポイントとして捉えることのできる意味あるシリーズである。▲そういう意味で、是非とも、今後も続けて欲しいのだが、始まった頃に比べれば、試合数が半減してしまっているのが残念であり、今後の扱いが気がかりでもある。

2.プライベートコーナー
 2時起床。体重は62.9kg。▲毎朝、仏さんにご飯を供え、お花の水を換えながら、お祈りするのだが、自分がいなくなったら、どうなるのだろうかと思うと不安である。青江三奈のヒット曲@長崎ブルース」の歌詞でのように、「どうすりゃいいのさ、思案橋」の毎日だが、…。▲家を継ぐということは、仏段、お墓、それに家系の歴史、文化を引き継ぐことなのだと改めて思う今日この頃である。(15-06-21)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3478 昨日 今日 明日 | ホーム | 3476 波乱の逆転/暗転 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP