プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3483 激突・落球・さよなら

 イギリスがEUにさよならを決めたびっくりニュースで世界は大騒ぎであるが、昨日のプロ野球で、土壇場の9回裏に起きた、激突、落球、さよならの幕切れとなった阪神―広島戦は、びっくりを超えた非情なドラマだった。

1、独り言コラム
 8連勝中の広島は阪神に1点リードされて迎えた9回裏だった。それまで新井選手のホームランの1安打に抑える好投していた阪神の岩貞投手の出来から見て、どうやら、阪神がこの3連戦で3タテを食らうのを阻止したようだと思って中継を見ていた。▲しかし、このところの8連勝中の広島は、この試合でもものすごい粘りを見せてくれた。▲一死満塁でチャンスを作った広島だったが、期待の次打者がフルカウントから三振で二死満塁となり、万事休すかと思われたが、8番打者の会沢選手が追い込まれながら三遊間を破って同点に持ち込んだのである。あっぱれな快打だった。ここで岩貞投手の勝ちが消えたことで、金本監督は、抑えのエースドリス投手を送った。当然の采配だった。▲しかし、ここで世紀の非情なドラマが起きた。代打に起用された広島の松山選手が放った平凡な左中間のフライをレフトの俊介選手とセンター中谷選手が激突し、ボールは非情にもグランドに落下した。延長戦だと誰もが思っていたのだが、二人の選手が倒れたまま試合は終わったのである。俊介選手がタンカで運ばれるというなんとも後味の悪いエンディングとなった。アンチ阪神の筆者でも、ここでは手放しに喜べないものがあった。▲最終回の攻撃でヒットを打った丸、鈴木、それに同点打を叩き出した会沢選手の快打はあっぱれだったが、その一方で、惜しまれるのは、丸選手のヒットの跡のルナ選手の打った平凡な内野ゴロを、二塁手の大和選手が、ランナーを追ってアウトにしたために併殺が出来なかったプレイが悔やまれる。▲最後に落下したボールが転々とする間に、広島の選手が歓喜のホームインをしたが、阪神の金本監督は呆然として、転倒して起き上がれない二人の選手の方に視線を送り続けていたのがとても印象的だった。試合は気合だけで勝てるものではないことを、金本監督は身に染みて感じていることだろう。

2.プライベートコーナー
 2時起床。体重は63.6kg。▲昨日の午後、参院選の期日前投票を済ませた。投票時に戸惑ったのは、比例区は地区で選ぶのではなく、いわゆる全国であることだった。衆院選の場合と混同していた。改めて候補者名簿を見てびっくり。いろんな有名人が立候補していて、びっくりだった。▲投票を終えて出て来たら、出口調査を受けてが、今はそのやり方も、専用のアプリを使ったもので、ずいぶんと便利になっていた。(15-06-27)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3484 大山を追う宮里、渡辺 | ホーム | 3482 国民投票は必ずしも最善の意思決定方法ではない >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP