プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3488 一つ山越しゃホンダラッタホイホイ

 昔にクレイジーキャッツが歌った曲に、首記の歌詞の「ホンダラ行進曲」というコミカルな歌があった。人生の長い戦いでは幾つかの山があり、その山を一つずつ乗り越えてゆくことが大事である。この場合、コミカルないい加減な気持ちではなく、真剣な戦いが前提である。

1.独り言コラム
 テニス界では、目下ウインブルドン大会の真っ最中である。優勝するには2週間で7試合を一つずつ勝ち抜く必要がある、期待の錦織圭選手は二つの山を越えて、間もなく3つ目の山に挑む。しかし、昨日からの雨で、試合開始が遅れていて、まだ始まっていない。コンディション作りが大変なようだ。頑張って欲しい。▲都知事選は最初の山というべき候補者選びで難航している。有力候補への打診が行われている段階で、機先を制した形で、自民党の小池百合子氏が立候補を表明して一石を投じた。自民は、桜井俊元総務事務次官に要請をしているが、それを受けないこともあって。党内はやや混乱している、小池氏はこの山を乗り切れるのだろうか。▲囲碁の井山裕太7冠が、本因坊戦を防衛して、7冠獲得後最初の山を堂々と超えた。今回の防衛で、この棋戦に5連覇したことになり、同氏は第二十五世本因坊の称号を得た。かつて、将棋の羽生善治7冠は、二つの棋戦を防衛したが三つ目の防衛戦で敗れて7冠在位にピリオドを打った。在位期間が167日間だった。井山7冠の当面の目標は3つの山を越えることである、目下、二つ目の山、碁聖線の防衛戦を戦っていて、3つ目の山は、秋に行われる名人戦、それ以後、王座、天元と山が待ち構えている。どこまで山を超えられるか、筆者は同氏の更なる活躍に期待している。▲長期政権を驀進中の安倍総理は、大きな山を迎えている。来週の週末に行われる参院選挙である。単独過半数を得られるか、英国のEU離脱に伴う経済の混迷もあってこの山を越えるのは容易でない。▲プロ野球のペナントレースは後半戦に入った。セリーグでは広島、パリーグではソフトバンクが、2位以下を大きく引き離し、大きな山を乗り超えたようだ。この勢いで優勝まで突っ走れるかどうか、ファンは注目している。

2.プライベートコーナー
 3時起床。体重62.9kg。▲昨晩になって、オール電化で使っているエコキューター(三菱電機製)が故障を発見。直ぐにコールセンターに電話して、今日修理を受けることになった。2006年6月にリーフォーム時に設置したもので、10年目のトラブルである。技術者に来てもらうには交通費の負も必要である。部品の交換も必要なようで、失費が重なりそう。(16-07-02)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3489 7人の犠牲者 | ホーム | 3487 後悔 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP