プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3491 一番 投手 大谷 初級ホームラン

 何とも凄い記録の誕生である。ファンならずともびっくりである。大谷翔平二刀流は、とてつもない切れ味を見せている。

1、独り言コラム
 かつて、知将、魔術師と呼ばれた監督がいた。三原脩監督で、巨人軍を追い出され、西鉄、近鉄、太洋(現、DeNA)の監督を歴任し、日本シリーズでの3連敗4連勝、リーグで最下位チームだった大洋の優勝など凄い記録を残した監督だった。その三原監督が、大洋の監督時の1971年のヤクルト戦で、「一番、投手、外山投手」の先発オーダーで戦った記録があるという。▲日本ハムの栗山監督は、その三原監督の崇拝者で、毎年お墓参りをしているという。とにかく、先取点を上げて一気に勝ちを引き寄せる作戦を取ったのだとの栗山完読談である。▲話題を集めていた大谷選手のドラフトの際の話だが、MLBに入団を希望して大谷選手を1位指名し、心のこもった素晴らしい説得力で入団を促し、その後も、周りの反対をもろともせずに二刀流を続けさせている栗山監督は見上げたものだと思う。▲プロ野球のあのうるさいご意見番である張本勲氏が、事あるごとに、二刀流はいかん、早くどちらか一本にしなくては選手寿命を短くすると口癖のように言っているが、本人の希望を踏まえて自分の考え方を貫いている同監督には一目置きたいと思っている。▲この感動的な奇襲作戦の成功もあって、日本ハムはソフトバンクに3タテを食らわせ、10連勝中で、一時は10ゲーム近くの差で首位を突っ走って来たソフトバンクを、その差6ゲームまで追い上げて来ている。更なる追い上げでパリーグの優勝争いを面白くしてほしい。栗山監督の采配の妙に期待している。

2.プライベートコーナー
 2時起床。体重 63.6kg。暑くて水系を多く飲んでいるせいか、このところ、体重の重さが目立っている。▲オール電化の心臓部のエコキューターの故障に関して、部品交換で対応するつもりだったが、昨日、交換に来てくれた技術者から、その後に何も問題が起きていないことから、交換を保留してそのまま様子を見てみるのも一案とのアドバイスを受けた。消費者の立場での商売気ないアドバイスに感謝し、そうすることにした。(16-07-04)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3492 借金が9つに膨らんだ金本阪神 | ホーム | 3490 ほくそ笑む >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP