プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3492 借金が9つに膨らんだ金本阪神

 アンチ阪神ファンの筆者が心配するほど阪神が不振である。三顧の礼うを尽くして就任をお願いした金本知憲監督だったが、結果がついて来ていない。

1.独り言コラム
 長いペナントレースも半分以上を終えたが、昨日もメッセンジャー投手の好投にも関わらず、巨人に勝てずに借金は遂に9つに増えてしまい、ここ数日最下位に甘んじている。徹底改革を前面に打ち出した金本野球が空回りしているように思う。▲力試しのオープン戦では12球団中、勝率7割で首位で乗り切り、今年の阪神はやるかもしれないとの期待が大きかった。しかし、交流戦に入ってからが冴えず、5割を割り始め、徐々に借金が膨らんできている。▲その原因について、アンチ阪神の立場から見ると、多くの新しい有望な選手が出て来ているが、最近では、ほとんど毎試合のオーダーが目まぐるしく変わっていて落ち着かない。これでは起用される選手たちも、結果を残さねば替えられるという不安が先行して、安定した力が出し難くいのではなかろうか。▲それに、もう一つは、藤川効果がマイナスに作用していることである。金本監督自らが口説いて阪神復帰を決断させたことで、その起用にこだわり過ぎているように思う。開幕当初は先発の6人のローテンションメンバーの一人として起用、それがうまくいかないと思うとリリーフに転用し、一時は抑えのエースとして復活させた。年齢を考えれば、荷が重すぎたのではなかろうか。一生懸命に口説いた付けが回って来ているように思う。▲無名だった原口、北条、中谷らの選手たちが一線で活躍している成果は多とするが、結果がついてきていないとなると監督の采配手腕が云々されることになる。▲広島の断トツ首位を除けば、2位とは、2.5ゲームといった混戦で、まだまだ順位を云々するのは早いが、阪神ファンはやきもきしていることに違いない。筆者は、そんな阪神ファンを見たり、思ったりするのが嫌いじゃないのである。

2.プライベートコーナー
 3時起床。体重 63.6kg。▲故郷納税ではないが、今まで30年近く野村証券の東京本店に口座を置いていたのを大津支店に切り替えることにした。目下、変更手続きをお願いしている。毎日使っているコンピューターで操作が絡んでいるので、支障なく完了するよう頼んでいる。(16-07-06)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3493 羽生3冠絶不調 | ホーム | 3491 一番 投手 大谷 初級ホームラン >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP