プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3493 羽生3冠絶不調

 好不調は誰にでもあるのだが、今期に入っての羽生3冠は少し様子がおかしい。いわゆるスランプなのだろうか。

1.独り言コラム
 4月に入ってからの今期の成績が5勝9敗である。名人位を1照4敗失冠し、佐藤天彦新名人を誕生させた。目下、棋聖戦5番勝負を永瀬拓也6段の挑戦を受けて戦っているが、3局を終えて、1勝2敗とカド番に追い込まれている。▲また、一昨日から始まった王位戦7番勝負第1局では、挑戦者の木村一基8段に敗れてのスタートとなった。木村8段には一昨年年の防衛戦で、4勝2敗(1分け)と苦戦を強いられての防衛だった。木村8段にしてみれば、絶好のリベンジチャンスと闘志を燃やしているはずである。▲とにかく、羽生さんは、この20年に渡ってトップ棋士の座を走り続けて来た大棋士である。それだけに、このところの負けの込み方が気がかりなのだ。因みに、今年のお正月から行われた王将戦7番勝負では、5冠を狙って挑戦したが、郷田真隆王将に2勝4敗で意外な敗退をしている。▲また、来年に名人復位を目指すためのA級順位戦が始まったが、その第1局でも深浦9段に敗れてのスタートとなった。とにかく、これだけ羽生さんに負けが込むのは珍しい。▲羽生さんが棋士になってから、今までに1344勝を挙げていて、将棋界の大記録である大山康晴第15世永世名人の1433勝を追っている。それを塗り替えるのは時間の問題であることには間違いないが、ここに来て、そに達成時期が少し遅れるのではとの心配がある。▲9月からは王座戦5番勝負の防衛戦が待っている。その挑戦者に佐藤天彦名人が出て来る可能性がある。もし、佐藤名人が挑戦権を得れば、名人戦のリベンジということで、羽生3冠は燃えることになろうが、下手すると羽生さんが無冠になる心配もある。▲どうやら、羽生さんには、棋士になって初めての試練の時が訪れているようだ。

2.プライベートコーナー
 2時半起床。体重 63.2kg。▲さすがに後期高齢者なのだろうか、何事をするにも疲れを覚えることが多い。朝の散歩もその距離を最短距離(2.1km)に押さえているが、今案で煮ない疲れがある。いわゆる、夏バテなのならいいんだが、…。(16-07-06)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3494 全米女子オープンが始まる | ホーム | 3492 借金が9つに膨らんだ金本阪神 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP