プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3497 接戦を勝ち抜く

 参院選の大勢が判明した。相変わらず、悲喜こもごものドラマが数多く見られた。昨日から今朝にかけての接戦は、選挙だけでなく他にもあって、今も続いている戦いもある。

1.独り言コラム
 自民・公明の与党は、参院での過半数を上回る61人の当選を達成、改憲4政党での2/3(74)にもクリヤーしたが、自民単独過半数(57)には、僅かに届かないようで、(AM2時半時現在、)そういう意味では、自民にとっては、今一つ、スッキリした勝ち方ではなかったと言えよう。▲その一方で、野党4党が共闘した選挙区では、岡田克也代表の地元の三重県で勝利出来たことを始めとして、東日本地区で勢いがあって、11県での勝利を得て、それなりの成果があり、総じて、野党は思ったよりも善戦したと言えそうだ。▲さあ、今日からの関心は、舛添辞任に伴う都知事選に舞台は移る。小池vs増田の戦いはどんな戦いを見せてくれるのだろうか。「接戦を勝ち抜くのは誰だ!」である。▲さて、昨日のプロ野球では、日本ハムは凄い戦いを見せてくれた。5点をリードされた7回裏に一挙4点を奪って1点差に追い上げ、9回土壇場の2死から起死回生のホームランが出て追いつき、引き分け直前の12回裏に、鮮やかなさよならホームランが飛び出して14連勝を果たした。驚異の逆転勝ちで接戦を勝ち抜いた日本ハムの今の勢いは凄すぎる。▲リオ・オリンピック出場権を懸けた、全米女子オープンゴルフで、3番手につけていた渡辺彩香さんが、予選を突破し、逆転での出場権を目指して頑張っている。最終日のプレイが始まっていて、5番でバーディを出し、順位を12位タイに上がった。(AM3時現在)今後、大叩きしなければ、接戦を勝ち抜いて、夢だった出場権を獲得できそうだ。筆者は移り気で、このところ期待を裏切られ続けた宮里美香さんのファンから、渡辺彩香さんのファンに乗り換えたい気分である。▲言うまでもないことだが、接戦をものにした勝利には、何とも言えない味があるに違いない。

2.プライベートコーナー
  1時半起床。体重 63.2kg。▲二日前に書いた大事な資料をデリートしたうかつさに、がっかりしていたで、昨日になってそれが残っていることが分かりほっとしている。筆者の勘違いで、別のファイル名にしていたのだ。何しろ、母親が100才を迎える際の貴重なドギュメンタリ―資料で、目下その総括に格闘中で、お陰で意欲を取り戻している。(16-07-11)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3498 相次ぐ訃報/勝負に明暗 | ホーム | 3496 バラバラ事件 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP