プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3500 生前退位

 大きな波紋を呼ぶニュースが流れた。今上天が生前退位を希望しておられるという。天皇も人間であり、体力にも限界がある。

1.独り言コラム
 今上天皇は125代目の天皇であるが、明治以前では、生前退位は頻繁に行われていたという。しかし、明治以降は皇室典範でそれが明記されておらず、天皇のご意向に沿うには、その改定も必要だそうだ。▲今年82才で頑張っておられる。公務を減らして対応しておられると言っても、体力の衰えもあって、生涯天皇であり続けることには無理がある。天皇は、健康で公務を行うことを旨としておられるという。そういう意味で、生前退位を口にされていることは、極めて健全な考え方だと思う。多くの国民も、老後は静かに送ってもらいたいと願っていると思う、▲陛下の頭の中には、多分、2020年の東京オリンピックというビッグイベントは新しい天皇で迎えて欲しいとの思いがあるのだろう、国会でのすみやかな対応が望まれる。

2.プライベートコーナー
 3時半起床。体重 63.2kg。▲昨日は妻の月命日で、いつもの通り、お坊さんにお務めをしてもらった。二人だけでのこのセレモニーは、私が亡くなったら、どんな形になるであろうかと思ってしまう。庶民の生活もいろんな慣わしにおいても、時代にあった変化をしてゆくのだろう。(16-07-14)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3501 留飲を下げた白鵬の黒星 | ホーム | 3499 鳥越俊太郎氏が割り込む >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP