プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3506 終盤、土壇場での波乱、混乱

 大相撲名古屋場所は今日から終盤戦、プロ野球も後半戦の競り合い、リオオリンピックまで17日の土壇場でのロシアのドーピング問題の扱いなどでの波乱、混乱が気がかりだ。

1.独り言コラム
 一歩リードした稀勢の里だったが、昨日の10日目で、松鳳山の変わり身に脆くも四つん這いで敗れてしまった。いつものことだが、稀勢の里はここ一番に勝てない。こうなると。もうトラウマ的な状況に追い込まれてしまうのだろう。気の毒でかわいそうな力士である。しかし、まだトップグループにいる訳で、優勝の可能性は残されており、残り5日間で、トラウマを打ち破って優勝をして欲しい。▲国家的な組織的なドーピング問題で、ロシアの選手のリオ・オリンピック参加の可否について、IOCは結論を21日まで延期した。仲裁裁判所での最終検査の結果待ちと出場不可とした場合の法的問題の有無の確認をするためだという。それにしてもロシアの国を挙げてのドーピングは凄い。▲昨日のプロ野球では、阪神とヤクルトの最下位争いに注目していたが、阪神、ヤクルト共に前半に6点という大量点を取られて苦戦を強いられた。その後の展開で、阪神はそのまま完敗したが、ヤクルトは、追い上げて8回に一旦同点に追い着く健闘を見せたが、土壇場の9回に決勝点を奪われて惜敗した。どんぐりの背比べで最下位争いが面白い。アンチ阪神の筆者は金本監督や阪神ファンの方々の顔を見るのが楽しい。

2.プライベートコーナー
 2時起床。体重 63.5kg。▲あさの散歩時に、参道の一角にあるスペースで、いつも同じ車が止まっていて、運転手さんが仮眠を取っておられる。一週間で5日間ぐらいの頻度である。エコノミー症候群が心配だが、…。滋賀ナンバーの車なので、「どうして、ここでなのか」が今一つ分からい。(16-07-20)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3507 金本采配不発 | ホーム | 3505 カウントダウン/マジックナンバー >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP