プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3509 また負けた!

 大事な戦いに勝てない。これでは、優勝も綱もかすんでしまう。

1、独り言コラム
 大相撲名古屋場所十三日目は、期待の稀勢の里が、当面の敵だった日馬富士に完敗し、優勝はほぼ絶望である。毎回、ここ一番の勝負に勝てず、トップ争いから脱落してしまう同力士に、気の毒さ、憐れみを覚える。自分のサラリーマン時代を思い出し、同情を覚えながらも、がっかり、落胆である。とにかく、今日の白鵬戦に勝って、千秋楽へのチャンスを繋いで欲しい。▲プロ野球も後半戦に入っているが、金本阪神は、後半戦に入って勝ちがなく、機能も負けて、目下4連敗中である。3位のチームとのゲーム差もじりじりと引き離されつつあり、上位3チームによるクライマックスシリーズへの出権争いにも暗雲がかかって来ている。この阪神の不振に関し、金本監督は、鳥谷尊敬、ゴメスの不振がその大きな原因だと喚いているが、明らかに金本采配の失敗にあると言いたい。先日、藤浪晋太郎投手に見せしめ的に161球も投げさせて、反省を求めたようだが、同投手は昨日も勝てなかった、采配、指導にはいじめでは解決されないと思う。

2.プライベートコーナー
 2時半起床。体重 63.4kg。▲昨日は、朝4時半の散歩に戻した。やはり、この時間帯の方が落ち着く。誰もいない夜明けの湖には、何とも言えない新鮮さを覚える。(16-07-23)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3510 後期高齢者に乾杯 | ホーム | 3508 鳥越、五輪、白鵬、南谷 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP