プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3518 厚化粧小池氏圧勝

 崖から飛び降りた小池氏が、先出じゃんけんで堂々勝利した。いじめ的な扱いで女の孤独な戦いを強いられた頃が、都民の判官びいきを誘発させた小池氏の作戦勝ちだった。

1.独り言コラム
 昨夜の8時、NHKテレビは選挙特番で小池百合子氏の当選確実を報じた。初めての女性の都知事の誕生である。筆者は彼女のファンではないが、他の候補に比べれば、まあベターだとの思いである。▲この選挙戦で中盤戦までは小池氏リードを報じていた新聞各紙だったが、最終週に入って、テレビでの報道が、いかにも増田氏が追い上げているような雰囲気を伝えていたことで、もしかしたら、逆転したのではと見ていたが、…。▲勝因は、自民党の締め付けなど小池百合子氏に対するいじめ的なものが都民の反発を誘ったものと思う。特に、石原慎太郎元都知事の厚化粧呼ばわりした応援スピーチが足を引っ張ったようだ。一方の鳥越氏に関しては、週刊誌が報じたスキャンダルがボディブロー的な痛みとなった。▲いずれにしても、都民には、判官贔屓的な日本人の持っている伝統的な気質が生きていて、そこに勝負を持って行った小池氏の戦術が勝負を決めたと思う。判官びいき的なものを大事にしている都民も捨てたものではない。▲いずれにしても、小池氏にとっては、これからが勝負である。頑張ってもらいたい。

2.プライベートコーナー
 4時半起床。体重 63.5kg。7月度の平均体重は63.4kgで、今までの最も重かった前年8月度に記録した63,2kgを更新した。▲散歩の月間距離は、67.4kmで、今までの最長記録の今年の1月度のほぼ半分、体力の消耗を考慮して、無理をしないことにした。一方、車の月間走行距離は430kmで前月よりも29km増だった。(16-08-01)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3519 二階俊博幹事長誕生 | ホーム | 3517 暴走 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP