プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3521 テラス

 フランス語である。ウィキペディアには、建築でいうテラスについては、「家屋の母屋から突き出た部分で、通常は1階の場合で、2階以上はバルコニー、ベランダと呼ぶ」とあった。▲ところで、今回、大渕愛子弁護士が話題となった「法テラス」は、「法で社会を明るく照らす」、「陽当たりの良いテラスのように、皆様が安心できる場所にする」の意味だという。

1.独り言コラム
 テレビでお馴染みの大渕愛子弁護士が「法テラス」規則を犯したことで、東京弁護士会から1か月の業務停止の懲戒を受けた。それを受けて同氏がお詫びの会見を行ない、「うかつにも、自分の勉強不足だった」と釈明していた。▲同弁護士は、見た目がチャーミングで美形である。テレビで人気が出始めた頃は、筆者も少なからず関心を持っていた。しかし、その後、キャラクターの「ふなっしー」に異常に関心が高いということや料理が出来ないという人柄に幻滅を覚え始めていた。そんなタイミングでの今回の問題である。粛々とお詫びをしている姿は、相変わらず、なかなかの美形で、男心を揺らす存在には変わりなかった。筆者の心境はちょっと複雑である。▲昨日、第三次安倍内閣の第二次改造人事が決まった。このメンバーを見て、さしずめ、この内閣のテラス的な存在は、稲田朋美防衛相、高市早苗総務相、それに丸川珠代オリンピック担当相の三人の女性大臣だろう。中でも丸川vs小池都知事との今後のコーワークが注目である。

2.プライベートコーナー
 1時半起床。体重 63.5kg(6時換算)。▲今朝の話題の「テラス」と聞いて、筆者は、カラオケで覚えた「並木の雨のトレモノを/テラスの椅子で聞きながら/銀座娘よなに想う」という三浦洸一さんのヒット曲「東京の人」(1956年)の出だしの歌詞を思い出していた。そういう意味では、筆者は、まさしく昭和の忘れもの的な存在になりつつある。(16-08-04)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3522 しゃべり過ぎのワンマンキャスター | ホーム | 3520 新都知事初登庁 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP