プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3525 土壇場での凄い頑張りでメダル奪取

 リオ・オリンピックでは、初日から日本人選手の頑張りが目立っている。金が1つ、銀が4つで、「その中にダイヤ(大也)が一個あり」である。

1.独り言コラム
 日本人最初のメダル獲得者は柔道の近藤亜美選手だった。三位決定戦での時間切れ間際の技で勝利を決めて銅メダルを奪った。男子の高藤直寿選手も、準決勝での敗戦のショックを切り替えての渾身の一本を奪っての銅メダルの奪取だった。メダルを取った二人には、金を逃した悔しさがにじみ出ていた。東京大会につなげて欲しい。▲重量挙げの三宅宏実さんの頑張りは思わず涙を誘った。腰を痛めているとの情報で心配していたが、案の定、出だしのスナッチで2度連続の失敗し、最後の土壇場での試技で、何とかぎりぎりクリアし、ジャークでの勝負に持ち込んだ。ドキドキする戦いだった。そして、ここでも最後の試技で銅メダルを奪った必死の頑張りは、感動そのものだった。試技を終えてバーベルに感謝のタッチをしている姿は、素敵な絵になっていた、▲日本期待の男子400メートルメドレー決勝は、萩野公介、瀬戸大也両選手での1.2フィニッシュとはならなかったが、萩野選手の最後の自由形で、迫るアメリカの選手を力強く退けての堂々の金メダルだった。日本人最初の金メダルに思わず興奮していた。「昔、康介、今、公介」である。▲一日に4本のレースを泳いだ池江璃花子選手の頑張りは凄く、まずは、今日の100m平泳ぎ決勝でのメダル奪取を期待したい。16才の高校生の伸び盛りに、かつての岩崎恭子さんの金メダルを期待している。▲話は変わるが、MLBでこのところ足踏みしていたイチロー選手が、昨日の試合で12打席ぶりにヒットを打って、3000本安打にあと1本と迫り、今日のレギュラー出場で、決めてくれると思う。その時点で、同氏の生涯安打数は4278本達成となる。▲いずれの選手も、土壇場での最後の頑張りが光っていて、感動を与えてくれていた。今日もメダルラッシュと3000本安打の朗報を待っている。

2.プライベートコーナー
 2時起床。体重63。7kg。昨年もこの時期は体重が重くなっていたが、今年はその時よりも重い傾向にある。昨日の筆者の寝室兼執務室は37度になっていた。▲高校野球も始まり、テレビ視聴者としては、盆と正月が同時に来たようで大変である。生活リズムが狂い始めている。楽しく嬉しい悲鳴?た。(16-08-08)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3526 天皇とイチロー | ホーム | 3524 71年目の真実 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP