プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3526 天皇とイチロー

 天皇とイチローの分かり易いインパクトある言葉が列島を走った。多くの国民が、感動的な言葉で胸を熱くした一日だった。

1.独り言コラム

(1)天皇のお言葉
 昨日の3時、テレビ各局は天皇のお言葉を放映した。▲「全身全霊を尽くしての象徴天皇の職務を尽くすことが難しくなって来たこと」、「摂政といった代理では象徴天皇としての任務が果たせないこと」、「切れ目ない象徴天皇の行為が尽くされるべきである」といった分かり易い内容だった。▲ここまでおっしゃっているわけだから、早くその意を汲んだ対応をしてあげることが政治の責任だ。グダグダ理屈を並べずに速やかな対応を執って欲しいと多くの国民は望んでいる。

(2)イチロー選手のコメント
 MLBで30人目の3000本安打がライトオーバーの3塁打で達成された。ラッキーナンバー「3」で彩られた待ちに待った朗報だった。見計らってテレビのチャネルをBS2に合わせたタイミングでの快打で、筆者の選局の感も冴えていた。▲その瞬間、一時プレーをストップさせて、多くの味方の選手たちが3塁ベース付近に駆け寄って来て、思い思いの祝福を浴びせていたのが、他人事ながら嬉しかった。▲如何にもイチロー選手らしい次のコメントが印象的だった。「僕が何かをすることで、僕以外の人達が喜んでくれることが、今の僕にとって何より大事なものだということを再認識した瞬間でした」

2.プライベートコーナー
 2時起床。体重63。9kg。▲昨日は大津でも35.5の猛暑日だった。暑さとの戦いが続いている。庭への水撒きが省けるので、夕立が欲しいのだが、毎夕その期待はしっかりと外されている。(16-08-09)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3527 愛ちゃんが凄い | ホーム | 3525 土壇場での凄い頑張りでメダル奪取 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP