プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3533 大忙しの勝利の女神

 体操の男子個人総合で、土壇場で内村航平選手に微笑んでくれた勝利の女神だったが、昨日は、こっちに来たりで、あっちに行ったりの慌ただしさで、女神も大忙しの一日だった。

1.独り言コラム
 日本時間昨日の未明に行われたテニスの3位決定戦では、第2セットの半ばまでは、錦織選手の頭上で微笑んでいた女神だったが、錦織選手の勝利の目前で、急転してナダル側に移動してしまい、無念にもセットを落とし、カウント1-1のタイに持ち込まれた。▲試合の流れは完全にナダルに移ったかと思われたが、今度は女神が錦織選手に微笑み返しをしてくれて、勢いを取り戻した錦織選手か、96年ぶりの悲願のメダル奪取を成し遂げた。▲第3セットが始まる前に錦織選手が取ったトイレ休憩が、気持ちの切り替えに効果的だったのではと杉山愛さんがコメントしていた。文字通り、運を呼び込んだということなのだろう。
 卓球の女子団体準決勝、日本対ドイツは、4時間に及ぶ大接戦を演じたが、気まぐれな勝利の女神は最後には日本には微笑まず、残念ながら、日本は3位決定戦に回った。▲この試合、最初の若手の伊藤美誠選手は大健闘し、最終セットでも大きくリードしながら決められず、土壇場で連続失点で逆転負け、3試合目の福原愛選手とのダブルスでも同様な逆転負けを喫した。それでも、石川佳純選手の大奮闘で対戦成績を2-2のタイに持ち込んだが、最後の福原愛選手も、同様に言ったり来たりの気ままな女神は福原に微笑まなかった。▲この長時間に及ぶ戦いで、石川佳純選手が見せた凛々しい戦いぶりで2勝を挙げて頑張った強さに、筆者は感動を覚えていた。特に、出だし0ー2とリードされながら、巻き返し、逆転勝した粘り強さには、感動を越える感動を覚えていた。▲とにかく、3位決定戦で勝利してメダルを獲得して欲しいと願っている。改めて、勝利の女神に微笑みをお願いしておきたい。

2.プライベートコーナー
 2時半起床。体重63.9kg。▲二日遅れの妻の月命日の法要日。夏痩せではなく、夏太りで、通常より1~2kg重い。(16-08-16)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3534 手ぶらで帰らせない | ホーム | 3532 待て >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP