プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3536 全力を出し切った!

 諦めずに最後まで全力を出し切って戦う姿は感動を誘うことが多い

1.独り言コラム
 体操の個人総合で土壇場の最後の種目の鉄棒で逆転優勝を果たした内村航平選手が、金メダル獲得直後のインタビューで、「もう何も出ない所まで出し切った」と語った言葉が胸を打った。▲テニスの錦織選手も3位決定戦でナダル選手を破った時には、同様に「全力を出し切った」と語っていたし、女子重量挙げの三宅宏実選手も土壇場で頑張った戦いも、本当に全力を出し切って戦ってくれた。▲卓球の水谷準、石川佳純の二人も然りで、全身を出し切った戦いは、まさに格闘技を見るようで、逞しく思うと同時に感動を与えてくれていた。▲そういう典型的な事例が、昨日の女子レスリングの伊調馨、登坂絵莉、土性沙羅選手の一挙三個の金メダル獲得の場面でも見られた。いずれの戦いも、決勝戦では、時間切れ直前での劇的な大逆転で、まさに「全力を出し切った」戦いで、その興奮は列島を包んだ。▲さて、このブログを書き終わろうとしていたこのタイミングで、バドミントンの女子ダブルスの決勝戦で、高橋礼華、松友美佐記組が、セットカウント1-1で、ファイナルセットで16-19の劣勢から、一挙5連続得点で逆転勝ちして金メダルを仕留めた。日本のバドミントン界で初めての快挙である。これまた全力を出し切っての勝利だった。この瞬間、筆者は、思わず、キーボードを打つ手を休めて、その最後の戦いの場面を見入っていた。▲昨日からの日本勢の勢いは凄く、メダルの第二波が押し寄せていようだ。今日も4連覇の掛かった吉田沙保里選手、それに川井梨紗子選手も好調の出だしで決勝戦に駒を進め、銀メダル以上を決めている。是非とも、金メダルを獲得して欲しい。なお、もう一人の渡利璃穏選手は、全力を出す前に、一回戦で敗退したのは気の毒だった。▲いずれにしても、メダル獲得は、全力を出し切らずしては成し得ない。

2.プライベートコーナー
 1時半起床。体重63.8kg。▲蔵書の整理を行っていたが、はからずも、亡き妻が購入していた3冊のパーキンソン病の専門書で、どうしても見つからなかった1冊が本棚の奥の隅から見つかった。何かほっとした気持ちである。天国に届けて上げたい。(16-08-19)  諦めずに最後まで全力を出し切って戦う姿は感動を誘うことが多い

1.独り言コラム
 体操の個人総合で土壇場の最後の種目の鉄棒で逆転優勝を果たした内村航平選手が、金メダル獲得直後のインタビューで、「もう何も出ない所まで出し切った」と語った言葉が胸を打った。▲テニスの錦織選手も3位決定戦でナダル選手を破った時には、同様に「全力を出し切った」と語っていたし、女子重量挙げの三宅宏実選手も土壇場で頑張った戦いも、本当に全力を出し切って戦ってくれた。▲卓球の水谷準、石川佳純二人も然りで、全身を出し切った戦いは、まさに格闘技を見るようで、逞しく思うと同時に感動を与えてくれていた。▲そういう典型的な事例が、昨日の女子レスリングの伊調馨、登坂絵里、土性沙羅選手の一挙三個の金メダル獲得の場面でも見られた。いずれの戦いも、決勝戦では、時間切れ直前での劇的な大逆転で、まさに「全力を出し切った」戦いで、その興奮は列島を包んだ。▲さて、このブログを書き終わろうとしていたこのタイミングで、バドミントンの女子ダブルスの決勝戦で、高橋礼華、松友美佐記組が、セットカウント1-1で、ファイナルセットで16-19の劣勢から、一挙5連続得点で逆転勝ちして金メダルを仕留めた。日本のバドミントン界で初めての快挙である。これまた全力を出し切っての勝利だった。この瞬間、思わず、キーボードを打つ手を休めて、その最後の戦いの場面を見入っていた。▲昨日からの日本勢の勢いは凄い。今日も4連覇の掛かった吉田佐保里選手、それに川井梨紗子選手も好調の出だしで決勝戦に駒を進め、銀メダル以上を決めている。是非とも、金メダルを獲得して欲しい。なお、もう一人の渡利璃穏選手は、全力を出す前に、一回戦で敗退したのは気の毒だった。▲いずれにしても、メダル獲得は、全力を出し切らずしては成し得ない・

2.プライベートコーナー
 1時半起床。体重63.9kg。▲蔵書の整理を行っていたが、はからずも、亡き妻が購入していた3冊のパーキンソン病の専門書で、どうしても見つからなかった1冊が本棚の奥の隅から見つかった。何かほっとした気持ちである。天国に届けて上げたい。(16-08-19)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3537 4連覇の明暗 | ホーム | 3535 お家芸 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP