プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3545 終盤の順位争いが面白い

 半年もかけて戦って来たプロ野球も残り試合も20数試合となった。パリーグでは首位争い、セリーグでは3位争いがなかなか面白い。

1.独り言コラム
 昨日現在、セリーグでは、広島がマジック14とし、四半世紀ぶりのリーグ優勝を確実にしている。ここに来ての数試合の終盤での大逆転勝ちの連続は、勢いそのものである。昨年までのエースだった前田健太投手がMLBに行ったことで心配されたが、復帰2年目の黒田博樹投手の頑張りもあって、予想外の大健闘であり、就任2年目の緒方孝市監督の采配が冴えている。▲セリーグではクライマックス(以下、CS)シリーズに出場できる3位争いが面白い。昨日現在、DeNAが3位、4位にヤクルト、ゲーム差なしの5位に阪神の3チームがほぼ団子状態で、全く予断を許さない。昨年リーグ優勝したヤクルトが、ここに来て追い上げて来ていてレースを盛り上げている。DeNAが首一つリードだが、優劣不明である。▲パリーグでは、ソフトバンクと日本ハムの首位争いが大接戦で、一時は11ゲーム以上あった差を一旦逆転した日本ハムに勢いが感じられるが、ソフトバンクも一日で首位を奪還し、ここでも予断を許さない大接戦である。CSシリーズ出場権に関しては、3位のロッテが4位以下を少し離している。結果的には、いわゆるAクラスの顔ぶれは、昨年と同じ3チームである。▲いずれにしても長い戦いには、それぞれのチームは固有のドラマを作って来ているが、ハッピーエンドで終わるチームは、やはりAクラスを確保する6チームということになろう。そういう意味では、唯一空席のセリーグの3位争いが面白い。アンチ阪神ファンに筆者は、今後はDeNAとヤクルトを応援することになる。

2.プライベートコーナー
 3時起床。体重63.7kg。▲昨日は、久しぶりにちょっとしたお湿りがあって、猛暑が一段落し、庭への水撒きが省けたのは有難かった。一方、琵琶湖の水位は今年最低で、―45センチで、高い時の+10センチよりも55センチも低い。その結果、近所の柳川の河口に言ってみると、砂州が少し伸びていて、川幅も1mぐらいに狭まっていた。(16-08-28)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3546 一度ならず二度までも | ホーム | 3544 恰も集団リンチ? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP