プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3547 容易でない伝統行事の継承

 日本の各地には、数百年も続く伝統行事が多くある。地元の関係者たちにとっては、それらを守ってゆく上でのご苦労は少なくなく、特に人材面でのやりくりは大変なようだ。京都や奈良の1000年以上も続く行事も例外ではないように思う。

1.独り言コラム
 昨朝、たまたまだったがNHKの「おはよう日本」を見ていた。鹿児島県の伝統行事である「ナゴシドン」の話題を扱っていた。大隅半島に600年前から続くこの伝統行事を維持するために苦労しているという。▲要するに人口減少の影響で、若い人達の担い手が少なくなり、地元の人たちだけで続けていくことが難しくなって来ているという。そこで、今年はインタネットで呼びかけて人材を募集したという。幸い何人かの方の参加を得て伝統を守ることが出来たという。▲そういえば、筆者は、昨年は時代祭り、今年は葵祭祭りを見た。その際に感じたことだが、多くの参加者の老齢化が目立っていた。京都の三大祭りと言えども、その伝統を守ってゆくには、人材面で苦労しているのではと思った次第である。▲人口減少は、生産活動だけでなく、多方面に思わぬ影響が出て来そうで心配である。2人以上の赤ちゃんを抱えている女性に出会うと、頭を下げたくなる今日この頃である。

2.プライベートコーナー
 3時半起床。体重64.0kg。▲昨日はしっかりした雨が降ったのは当月で初めてだった。たまには必要なことだと思う。庭木も一息ついていることだろう。(16-08-30)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3548 迷走/逃走 | ホーム | 3546 一度ならず二度までも >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP