プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3551 中学生棋士誕生か!

 将棋界も今年は羽生善治4冠が大事な名人位を失冠し、佐藤天彦新名人が誕生した。同時に若手の棋士がじわじわと力を発揮して来ていて、新しい時代を迎えつつある。そんな中で、17年ぶりに中学生棋士の誕生が期待されている。

1.独り言コラム
 将棋界には、今までに4人の中学生棋士がいた。誕生順に、加藤一二三元名人、谷川浩司十七世永世名人、羽生善治3冠、そして渡辺明2冠である。いずれも一時代を画した棋士たち、或いは、現在も大活躍の棋士たちである。この4人の中では、加藤一二三元名人が、14歳9か月で4段に昇格した最も若いプロ棋士だった。▲プロ棋士は、奨励会の最終段階である3段リーグを卒業し4段に昇段した棋士たちである。大変なのは、その3段リーグを勝ち抜くことである。このリーグには30数人の将棋の天才が集まっている大所帯で、半期で一人18局を戦うリーグ戦であり、成績優秀者の上位2人が4段に昇段できる。とにかく、上位2人に入ることは至難の業なのである。▲今日、2016年上期の3段リーグの最終日で、各棋士が2局ずつ対局する。その中に14歳2か月の藤井聡太3段がトップに位置していて、今日連勝すれば文句なく4段に昇格する。1勝1敗なら、相手の成績次第での昇格の可能性がある。▲果たして、将棋界5人目の中学生棋士、藤井聡太4段は誕生するのであるか。興味津々である。

2.プライベートコーナー
 3時半起床。体重63.5kg。▲久しぶりに大阪に出た。かつての仕事仲間との顔合わせである。お酒の勢いで。新地に繰り出したが、これが人生最後の新地だろうと思う。ホステスを見ていて思うのは、若い女性は何時の時代も花であるということである。(16-09-03)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3551 藤井聡太史上最年少中学生棋士誕生 | ホーム | 4550 小林麻央さんのブログ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP