プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3551 藤井聡太史上最年少中学生棋士誕生

 かつて将棋の加藤一二三元名人は、神武以来の天才と呼ばれていたが、それを超える可能性を持った、新しい神武以来の天才が誕生した。今朝は、それに因んで、囲碁・将棋界の話題を拾ってみた。

1.独り言コラム
 昨日の本欄で、将棋界の新しい中学生棋士誕生の話題を取り上げたが、その渦中の藤井聡太3段が、昨日の奨励会の最終日でめでたく4段に昇格し、中学生のプロ棋士誕生となった。昨日の3段リーグでは、各棋士が2局を戦ったが、藤井3段は午前中の対局には敗れ、昇段は最終局の2局目に持ち込まれたが、結果は、幸いにもそれを制して、13勝5敗で1位での昇段を果たした。▲14歳2か月での昇段で、それまでの加藤一二三9段(元名人)の14歳7か月を62年ぶりに更新し、史上最年少のプロ棋士の誕生となった。これからの活躍が期待される。▲その最終局で対局したのが、目下史上初の女性プロ棋士を目指す西山朋佳3段だった。現在3段リーグには、里見香奈3段と二人の女性棋士が在籍して、共に4段を目指している。西山3段は、今季初めてこのリーグに参加、最終局に藤井3段に敗れたが、10勝8敗の好成績で来期以降に期待をつなげた。果たして、女性の正式な棋士誕生はなるのだろうか。▲昨日は、珍しい対局があった。公開対局である将棋日本シリーズの2回戦、佐藤天彦名人と郷田真隆王将の対局で、優位に攻めを続けていた郷田王将が終盤で2歩を指して反則負けとなった。郷田王将は将棋界では、長く貴公子を呼ばれて独身を続けていたが、一週間前の8月27日に結婚したばかりだったのだが、不慣れな甘い生活(?)が仇になったようで気の毒だった。▲かつては7冠を制覇したことがある羽生善治3冠が、今期は5月に名人を失冠、、次の棋聖位は3勝2敗で何とか逆転で防衛したが、目下行われている王位戦では2勝3敗とカド番に追い込まれている。明後日からは、その王位戦に並行して王座戦の防衛戦が始まる。挑戦者は若手の糸谷哲郎8段(元竜王)で、これまた容易ならざる相手である。従って、下手すると、羽生3冠も羽生棋聖だけの1冠になる可能性もあり、羽生ファンも大いに心配であろう。▲一方、囲碁界で初の7冠を制した井山裕太7冠は、その後、本因坊戦を4勝1敗で防衛、目下名人戦の防衛戦が始まっている。その第1局に敗れたものの、9月中は3局までしか予定されておらず。7冠をキープしたまま10月を迎える。この結果、7冠の在位日数は、将棋の羽生7冠が記録した167日を超すことが確定した。これまた新しい史上記録が更新が続くことになる。▲天才たちの頑張りが続く囲碁、将棋界である。

2.プライベートコーナー
 2時半起床。体重63.5kg。▲朝の散歩は、毎日欠かさず続けていりが、ここ2か月は、すっきりした日の出を見る機会はほとんどなかった。唯一、4日前の8月31日に被災ぶりに日の出にお目にかかったのだが、その際、太陽の昇る位置が既に近江富士の北の稜線近くに戻って来ていた。恐らく、今朝はもう近江富士の南の稜線を更に超えた位置まで南下していると思う。太陽の出る位置で季節が分かるようになった。散歩のお土産である。(16-09-04)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3552 指揮、采配 | ホーム | 3551 中学生棋士誕生か! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP