プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3556 金本監督の采配ミス

 広島カープの本拠地でのリーグ優勝が叶わなかった。阪神の不甲斐なさに多くの広島ファンは、大ブーイングだったに違いない。

1.独り言コラム
 今年の阪神は、甲子園で一度も巨人に勝っていないという。10戦して9敗1引き分けである、伝統のカードも面目なしである。▲昨日は、久しぶりに阪神が1点リードして終盤を迎えていた。アンチ阪神ファンの筆者も、さすがに今日は阪神が勝つだろうと思い、裏番組を見ていた。どうやら、広島の四半世紀ぶりの優勝は、広島ファンがいっぱいのマツダスタジアムで決まるのだろうと思っていた。▲筆者が、試合の経過を確認する意味で、チャネルを巨人阪神戦に変えたのがちょうど8回の表で、二つの死球で、巨人が1死、1,2塁のチャンスを迎えていて、この回の三人目の代打に坂本勇人選手が起用された。▲ここで、金本監督が登場し、それまで好投していた青柳晃洋投手から藤川球児投手に交代させたたのである。筆者は、これは巨人にはラッキーなのではと思って見ていたら、案の定だった。坂本がレフトオーバーの見事な逆転3ランを放ったのである。アンチ阪神ファンにはこれ以上ない留飲の下がる場面だった。明らかに金本監督の采配ミスだった。▲今年の阪神の不振の遠因は、昨年秋のストーブリーグで、あまりその気の無かった藤川球児投手を、就任早々の金本監督が執拗に口説いて入団させたことにあったと思う。自らが熱意をもって口説いたことから、同投手を実力以上に徴用した。シーズン初めは先発で、それが今一つの結果だったことから、中継ぎや抑えに起用することになったが、その結果が今一つだった。言い過ぎかもしれないが、今年の阪神は、金本監督が、自ら口説いた恋人に振り回された一年だったと思う。▲その一方で、若手選手を多く起用し、何人かの有望選手を発掘したが、そのために、日替わりの先発メンバーで、選手たちにとっては、落ち着いた気持ちでプレーに集中できず、十分に力が発揮されないことが多かったと思う。ベテランの鳥谷敬選手をいじめたこともマイナス効果だったと思う。結果を出して「なんぼ」の監督の采配である。厳しい批判は甘んじて受けなければならないだろう。▲「超変革」を謳い、和田豊前監督の采配を全否定するような旗をかざした同監督の指揮の失政であったと思う。▲和田監督も、このお粗末な阪神の結果ににんまりしているのではなかろうか。

2.プライベートコーナー
 3時半起床。体重、63,9jg。▲昨日の午前中は、久しぶりにしっかりした雨が降った。庭木にとっては一息ついていることだろう。被災された地域の皆さんには大変だったと思うが、地域によっては、恵みの雨となった処もあった。
関連記事
スポンサーサイト

<< 3557 核大国に着々の北朝鮮 | ホーム | 3555 台風の発生数/接近数/上陸数 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP