プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3563 残り全部勝っても…

 思わぬ展開で、実力が発揮できず、負けの込む戦いを強いられることがある。残り試合に全部勝っても目標達成が覚束ない苦しい展開では、とにかく、目の前の戦いに集中するしかない。

1.独り言コラム
 大相撲秋場所は前半戦を終わった。全勝が大関豪栄道と平幕の隠岐の海の2人である。注目の綱取りのかかった稀勢の里が既に2敗を喫し、ファンの期待を裏切る結果で、残り全部勝っても綱取りは覚束ないといったところである。とにかく、あとは突っ走ってもらって、大荒れの秋場所を制してもらいたい。▲プロ野球では、阪神が想定外の思わぬ成績で、機能も勝てず、借金が18になってしまった。今期の阪神は、金本新監督を迎えて「大変革」を掲げてアグレッシな戦いを進めてきたが、結果が全くついてきていない。残り9試合に全部勝っても、CSシリーズ出場は難しそうだ。「金本采配に疑問あり」である▲将棋界でも異変が起きている。今期A級からB1クラスに落ちた郷田王将が大苦戦である。昨日の順位戦の5回戦でも、中盤で見落としがあったのか簡単に敗れて1勝4敗となった。残り全部勝ってもA級復帰は覚束ない。そればかりか、B2級への連続陥落も心配である。先月結婚したばかりだが、新婚後の初戦の公開対局で、佐藤天彦新名人を相手に、有利な戦いを進めていたが、その終盤に2歩を指して反則負けを喫した。勝運から見放されている。どうしたんだろう。かつては筆者が大のファンだっただけに気になっている。▲囲碁の井山裕太7冠も変調である。高尾紳路9段を挑戦者迎えて行われている名人戦7番勝負で、機能も負けて、意外にも2連敗の出だしである。残り5局に4勝は、井山7冠と言えども容易ではない。なお、この名人戦の第4局は10月4、5日に予定されているので、仮にこの名人位を4連敗で失冠するようなことがあったとしても、7冠在位日数は174日となり、将棋の羽生7冠が記録した7冠在位日数の167日を更新することは確定している。▲どんな戦いでも、残り全部勝たねばならないという状況は、とりもなおさず、追い込まれた状況での戦いであり、、闘志、意欲の回復に加えて、時の運の微笑みが必須の戦いとなる。静か結果を見守りたい。

2.プライベートコーナー
 1時半起床。体重、63,7kg。▲このところ晴天続きだったひと頃と違い、曇り空、時々雨の日があって、庭への水撒きが省けて助かっている。何事をやるのもおっくうになりがちの今日この頃である。(16-09-16)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3564 待ったなしの正念場 | ホーム | 3562 混乱、困惑、混戦 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP