プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3566 阪神、金本采配の失敗

 プロ野球ペナントレースもセリーグは各チームが残り5~6試合となった。阪神はBクラスが確定し、下手すると最下位の可能性もある。

1.独り言コラム
 三顧の礼を尽くして迎えた金本知憲監督だった。ファンも大いに期待した一年だった。「大変革」の旗印を掲げ、それまでの和田豊監督の存在を全否定するような形で、新しいチーム作りを目指した。▲オープン戦ではすぐに結果を出して、12球団中トップ、開幕直後もまずまずの成績で、さすがにと思わせたのだが、交流戦に入って負けが重なり始めた。そして、オールスター戦後は結果が全くついて来なかった。▲一昨日、Bクラスが確定した時にコメントを求められた金本監督は、「いまさら…」と答えたようだが、ファンはがっかりしていたに相違ない。既に来年を見据えていると言えば聞こえがいいが、やる気を喪失した金本監督は全く魅力を失くしていた。▲敗因の一つは、若手育成という名のもとに、選手たちに競争心を植え付ける狙いがあったと思われるが、結果を求め過ぎたために選手たちに不安感を与えすぎて、彼らが実力を発揮できなかったという采配ミスであろう。オーダーが日替わりというのでは、チーム力が安定しない。▲また、チームの主軸の鳥谷敬やゴメス選手を虐め過ぎた。これでは、当人たちもやる気を失うし、チームに勢いがつかない。▲更に、かつての抑えのエースの藤川球児投手に拘り過ぎた。自らが口説いて入団させたということから、大役を期待し過ぎて、結果をフイにしたゲームが目立った。▲コーチ陣にお友達の起用が仇となった。矢野、片岡と言ったベテランは、金本監督とは思想、哲学が違うと思う。この辺りの誤算も見逃せない。▲確かに、何人かの若手出てきて来期以降に期待が出来そうな面もあるが、今年のような采配では必ずしも楽観できない。とにかく、今期の締めくくりとして、あとの数試合に全力を尽くし、最下位だけは免れる意地を見せてもらいたい。▲アンチ阪神の筆者は、お陰様で痛快な一年をすごさせてもらった。お礼を申し上げておこう。

2.プライベートコーナー
 1時半起床。体重、63,4kg。▲昨日、前線の影響で大雨が降った。今年最も激しい雨だった。昨朝の散歩は弱めの雨も中の散歩となり、靴がびっしょりになった。台風が西日本を襲いそうで。ここ数日の散歩の継続が心配だ。(16-09-19)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3567 がまんできない | ホーム | 3565 百合と蓮 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP