プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3569 手痛い黒星

 昨日はファンには堪らない大勝負が3本あった。敗れた方にとっては、綱取り、タイトル防衛、優勝に関わる手痛い黒星だった。もう駄目かもしれない。

1.独り言コラム
 大相撲秋場所終盤戦、綱取りを目指す大関稀勢の里はカド番で全勝の豪栄道と対戦、有利な戦いとなったが、一転、踏み込まれて手痛い3敗目を喫し、優勝争い、今場所での綱取りが絶望となった。ここ一番にどうしても勝てない気の毒な稀勢の里である。▲囲碁界で初めての7冠を奪取した井山裕太7冠が、絶対絶命の大きなピンチに追い込まれた。先月末から始まった高尾紳路9段を挑戦者に迎えた名人戦7番勝負で、井山7冠は昨日の第3局にも敗れて何と3連敗を喫し、一気にカド番に追い込まれた。後は奇跡の4連勝をするしかない。▲幸い、4回戦が10月の4、5日に行われるので、仮に井山7冠が4連敗で名人失冠するとしても、7冠在日期間は168日となり、将棋界の羽生7冠が記録した在位日数167日間を辛うじて更新することは確定している。絶対的な強さを誇っていた井山7冠が4連敗するとは考え難いのだが、…。何が起きるか分からないのが勝負の世界だ。▲プロ野球パリーグの首位争いは、残り10試合を切った土壇場で、ソフトバンクと日本ハムの大激戦が続いているが、昨日は日本ハムがソフトバンクとの直接対決で、大谷翔平投手の好投と外野手、陽岱鋼選手の二つの大ファインプレーで僅差を逃げ切り、再奪首に成功した。ソフトバンクにとっては手痛い黒星だった。▲昨日敗れた三人の中で、稀勢の里は初優勝、悲願の綱取りは絶望となったが、井山7冠、ソフトバンクには自力での逆転が可能だけに、これからの戦いが注目である。筆者は、井山7冠、日本ハムの逃げ切りを期待している。神様の思し召しや如何?

2.プライベートコーナー
 1時半起床。体重、63,0kg。▲昨日、帰省中の長男と一緒に、当月初めてのお墓参りをした。筆者のお墓詣りは今年で11回目、2004年末に大津に戻って以来、198回目(実質12年間)のお墓参りだった。(16-09-22)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3570 番長 | ホーム | 3568 リオは無難に!/東京は大丈夫? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP