プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3571 勢いの有無

 勢いの有無が勝敗を分けることが多い。今場所の豪栄道にはそれがある。文句なく強い。

1.独り言コラム
 大相撲秋場所は終盤である。豪栄道は、昨日も横綱日馬富士に逆転で勝利し、初優勝をほぼ手中にした。今の豪栄道は勢いに乗っていて無敵の強さにある。来場所以降は、同力士が綱取りの先頭に立つことになる。気の毒なのは、勢いに乗れなかった稀勢の里である。幾場所も綱取りが期待され続けて来たが、今場所の不成績で、それはご破算と化した。今回の豪栄道の優勝で、今の4大関の中では、稀勢の里だけが優勝していないただ一人の大関となってしまった。秋風が身に染みていることだろう。▲前日にマジックを6として勢いに乗ったかと思われた日本ハムだったが、昨日は完敗し躓いた。ライバルのソフトバンクが勝ったことで、優勝争いは優劣不明である。両リームの引き分け数の差が4つあり、その分、日本ハムは勝ち星で3勝多くしなければならないのが意外に厳しい。日本ハムは、今日以降の戦いで勢いを呼び戻せるかがカギである。▲小池都知事に勢いがありそうに見える。昨日の定例記者会見での応接ぶりにも自信が窺える。火中の栗を拾ったかに見えた「豊洲への移転延期」の決断が、思わぬ展開となり、それまで騒いでいた移転推進派の不満を抑え込む展開になっている。ここからの都知事の応接が見ものである。▲逆に、このところ勢いがなくなっているのがイチロー選手で、MLBでのヒット数を3027本まで伸ばしたが、その後、ここ数試合で無安打が続いている。今年の安打数も、昨年の記録を超えて92本まで達し、大台の100本が見えたかに思われたが、一転、そこまでの到達は難しそうだ。▲リオオリンピックで活躍した選手の何人かは、その後も勢いに乗っている活躍を見せてくれている。バドミントンで金メダルを取ったタカマツ組の高橋礼華、松友美佐記さんは、今週行われている国際大会のヨネックスオープンで、順調にベスト4に進出、また銅メダルだったテニスの錦織圭選手も、その後全米オープンでベスト4に勝ち進むなど勢いに乗っている。一方、卓球の福原愛さんは、オリンピックでは今一つの活躍だったが、私生活では結婚という金メダルを獲得、会見では立派な挨拶をしていた。3歳から見て来た筆者には、その成長ぶりに感動を覚えた次第である。▲一般論として、大きな勝利をものにするには、勢いに乗ることが大事で、それには、確固たる自信と集中力が決め手になりそうである。今場所の豪栄道にはそれがある。

2.プライベートコーナー
 1時半起床。体重、63,1kg。▲朝の散歩のスタート時間が5時半にずれて来ている。一時に比べて1時間ぐらい遅くなった。また肌寒さを感じる時期になっていて、季節の移り変わりを実感している。(16-09-24)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3572 予感 | ホーム | 3570 番長 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP