プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3582 試練

 乗り越えて初めて達成感を覚える一つが試練だろう。大なり小なり、誰にも試練は待っている。

1.独り言コラム
 将棋の羽生善治3冠は、今期、名人位を失なったものの、その後は、苦しかった王位戦で木村一基八段に4勝3敗で逆転勝ち、王座戦では、昨日の3回戦で、若手の糸谷哲郎8段にも勝って3タテでタイトルを防衛した。これで羽生3冠は、今年の大きな試練を乗り切った。▲一方、囲碁の井山裕太7冠は、昨日から始まっている名人戦第4局を戦っている。挑戦者の高尾紳路9段に3連敗という最悪の出だしで、7冠防衛に赤信号が点っていて、大変な試練を迎えている。今日の夕方に決まる第4局の結果が注目である。とりあえずは、カド番を一つ凌げるのだろうか。▲都議会の定例会で代表質問が始まった。お昼のワイドショーで、その一部が中継されるという異変が起きている。昨日の論戦を見る限り、じわじわと小池百合子新都知事への揺さぶりが始まっている。難問山積だけに、彼女がこの試練を乗り切ることが出来るのか心配である。▲ノーベル賞ウイークが始めっていて、大隅栄誉教授の受賞で、日本は幸先良いスタートを切ったが、この後に化学賞、文学賞での日本人受賞が期待されている。中でも文学賞候補の村上春樹氏は、候補と言われて6年目。今年こそはと言われているが、…。同氏にとっては、試練と言うべき精神的な苦しみを味わっているのではなかろうか。▲MLBは今年のレギュラーシーズンは終わった。あのイチロー選手は、目標だったMLBでの3000本、ピーとローズ選手の4267本安打を追い抜いて、それぞれ3030本、4308本に到達している。彼こそ、苦しみながらも楽しんで試練を乗り切った超人だと思う。誇れる日本人の一人だである。▲一般論だが、試練を楽しむようになれば一流人だろう。

2.プライベートコーナー
 1時起床。体重、63,7kg。▲このところ単調な毎日を送っている。思えば、一時はあれほど通った一人カラオケもこの一年は全く行っていない。趣味にもリズムがあるようだ。もうひとつの趣味の創作は、最後に書き上げた「究極の愛に証」の推敲をのんびりと繰り返し楽しんでいる今日この頃である。(16-10-05)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3583 井山7冠、ひとまず、カド番を凌ぐ | ホーム | 3581 オートファジー >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP