プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3583 井山7冠、ひとまず、カド番を凌ぐ

 先日の大相撲秋場所では、カド番だった大関琴奨菊が全勝で優勝を果たして一気に綱取りの環境作りに繋げたということで列島が湧いた。一方、カド番ということでは、囲碁の井山7冠は、その7冠保持に絶体絶命の大ピンチに追い込まれている。

1.独り言コラム
 今期の囲碁名人戦七番勝負では、井山裕太7冠が、挑戦者の高尾紳路9段に、出だしで予想外の3連敗で一気にカド番に追い込まれた。7冠保持に関しては、絶体絶命の厳しい展開となっているが、毎日新聞では、「井山、7冠保持に黄信号」という見出しだった。敢えて「赤信号」という表現を使っていない所に、井山7冠への信頼があるようだ。▲昨日終わった第4局では、中押しで井山7冠が一矢を報い、とりあえず、そのカド番の一つを凌いで1勝3敗とした。▲テニスで言えば、0-40から1ポイント返して、15-40としたといった形勢である。注目の第5局は来週の12日と13日の二日間に渡って行われる。▲筆者が注目していた7冠在位日数で、将棋の羽生善治名人が記録した167日は、第4局の始まる日に168日となっていて辛うじて更新していたが、この勝利で、在位日数は175日までが確定した。▲同棋士の10月の日程を見ると、この名人戦と並行して、碁聖戦5番勝負、王座戦5番勝負が始まる。例年通り、3つのタイトル戦の防衛戦を戦う厳しい時期で、まさに激闘の日々を過ごすことになる。果たして、結果や如何? である。 ▲勝負師は戦うことが人生であり、最高の達成感を味わう時期だと思う。7冠保持の更なる継続を期待している。

2.プライベートコーナー
 1時半起床。体重、63,8kg。▲数日前に印鑑証明が必要となったので市役所に行ったのだが、そこでは印鑑登録証が必要ということで入手できなかった。▲そこでの市役所の案内に従って、コンビニでマイナンバーカードを使用することで、簡単に入手できた。このカードを入手してほぼ1年になるが、初めて役立った。(16-10-06)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3584 別れても好きな人 | ホーム | 3582 試練 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP