プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3686 ベイスターズに勢いあり

 プロ野球もレギュラーシーズンが終わり、日本一を目指してのポストシーズンが昨日から始まった。昨日の初戦を見た限り、一目、ラミネス監督のベイスターズの勢いが目に付く。

1.独り言コラム
 リーグ代表を決めるクライマックスシリーズのファーストステップでは、セリーグがぺナントレース2位の巨人と3位のベイスターズ、パリ―グが2位のソフトバンクと3位のロッテとの決戦である。▲昨日の第一戦では、ベイスターズとソフトバンクが競り勝って、ファイナルステージ進出に王手とした。通常、3回戦シリーズでは、2回戦をものにしたものの方が有利だとも言われているが、今のベイスターズには勢いがある。▲巨人の高橋由伸監督、ベイスターズのラミネス監督の二人は、いずれも監督1年生である。その上、ベイスターズはこのシリーズに初出場である。▲主砲の筒香嘉智を軸とし、梶谷隆幸、ロペス、宮財規敏郎らの好調な選手を擁する今のチームの破壊力はなかなかである。選手時代はおどけていたラミネス監督も、その顔つきは引き締まっている。▲それに比べて、巨人の高橋由伸監督は、巨人軍では優等生であったことで、すんなりと監督に就任したが、その手腕については未知数だった。表情を変えない能面的な顔つきでの指揮には物足りなさを覚えているファンも少なくないだろう。▲いずれにしても、筆者の直観では、ファイナルステージには、ベイスターズとソフトバンクが進むのではと見ている。▲リーグ代表を決めるファイナルステージでは、待ち構えているペナントレースの優勝チームの広島、日本ハムは、それぞれ1勝のハンディを持っていることを考えれば、ベイスターズの勢いも、6試合で4勝するのは容易ではなさそう。それでも、何かやってくれそうな予感もある。

2.プライベートコーナー
 4時起床。体重は、63,5kg。▲一昨日、携帯をガラ系からスマホに切り替えたが、その扱いに悪戦苦闘中。指の微妙な動かし方がうまくゆかないことが多い。マスターするには、かなりの時間が掛かりそう。(16-10-09)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3587 女性総理候補小史 | ホーム | 3585 凱旋パレード >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP