プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3588 神ってる

 2年半ほど前の本コラム(2691ご参照)で、当時理研のあの小保方さんの論文が、いわゆる、コピペで作成されていたことを揶揄して、「オボる」という言葉を取り上げた。この件は、その後、大事件となって世界を驚かせた。その時のコラムでは、「かとうる」、「えがわる」も併記して紹介していた。今朝は、久しぶりにその種の新語の第2弾である。

1.独り言コラム
 毎日新聞の月曜日の朝刊の第二社会面に掲載されている「週刊漢字」のコーナーで、機能は、「神に入る」(しんにいる)を取り上げていたが、その説明欄に、広島カープの緒方孝市監督が言った表題の「神ってる」という言葉を引用していた。確かに、今年の広島には、幾度も驚異の逆転勝ちがあって、リーグ優勝に大きく貢献した。▲その広島と日本シリーズ出場をかけて戦うことのなったのが、昨日、巨人を接戦で破って勝ち上がって来たDeNAである。同チームは、初めてのクライマックススシリーズ出場だったが、見事に勝利に導いたラミネス監督の手腕は大したものだ。思わず、「ラミネる」という新語を思いついた。▲ところで、この種の新語で、今年一番のヒットは、何と言っても、舛添要一前都知事の「ますぞえーる」であろう。公私混同のせこい経費乱用の振る舞い許せないものだった。▲なお、前掲のコラム(2691)では、近い将来流行するかもしれないということで、「あべる」と「いしばる」を付記していたが、何と、その石破茂氏が安倍総理の後継を期して、閣内から離脱した。まさに、「いしばる」である。予言が当たったことに満足である。▲そこで、図に乗って、近未来流行するこの種の流行後の候補を付記しておきたい。それは、何と言っても「こいける」、或いは「こいけーる」である。崖っぷちから飛び降りて、堂々と大改革に着手している小池百合子都知事の成果や如何である。もう一つ、、年末予定されている安倍・プーチン会談で北方領土問題が大きく前進すれば、前回予告した「あべる」は「あべーる」と進化して流行することになりそうだ。▲この種の新語は考えるだけで楽しいものである。

2.プライベートコーナー
 2時半起床。体重は、63,7kg。▲数日前に、携帯をガラ系からスマホに切り替えて、その対応に四苦八苦していたが、ヘルプデスクのサポートを得て、漸く、目的の内容を扱うことが出来るようになった。多くの情報については、ほとんどパソコン並みの情報が得られる。確かに便利である。(16-10-11)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3589 決戦の季節 | ホーム | 3587 女性総理候補小史 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP