プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3590 事件! 竜王戦挑戦者に出場停止処分

 将棋界に前代未聞の大事件が起きた。竜王戦の挑戦者である三浦弘行9段が、タイトル戦開幕直前になって出場停止処分を受けた。コンピュータ―ソフト使用の疑惑である。

1.独り言コラム
 今週末から予定されていた渡辺明竜王に三浦弘行9段が挑戦する竜王戦七番勝負を目前にして、三浦挑戦者に挑戦権取り消しの処分を出た。将棋界で、タイトル戦直前でのこの種の取り消しは初めてであり、関係者、ファンはびっくりである。三浦挑戦者にコンピューターソフトの使用の疑惑が出て来たからだという。▲三浦9段と言えば、かつて羽生7冠から棋聖位を奪取して、7冠を崩した棋士として脚光を浴びたことがあり、粘り強い棋風でなかなか強く、筆者もちょっとしたファンだった。それだけに裏切られた感もある。▲御承知の通り、最近のコンピューターソフトの実力の向上は著しい。昨年度から始まった、コンピューターソフトを相手にするタイトル戦の叡王戦では、挑戦者となった山崎隆之8段が2連敗している。とにかく、極めて強くなっているのだ。特に、終盤での力は抜群のようだ。▲そこで、つい最近、日本将棋連盟では、対局に当たっては、スマホなどの携帯の持ち込みを禁止したばかりであった。今回の三浦9段の疑いは挑戦者決定戦で、終盤では、しきりに席を外す行為が見られたという。▲タイトル戦を目前にして、思わぬ事件発生で、主催社の読売新聞社も大慌てだろう。結局、挑戦者には、決勝で敗れた丸山忠久9段が代わって挑戦することになった。望外のチャンス到来に、最近鳴かず飛ばずだった元名人の丸山9段も驚いていることだろう。ほくそ笑んでいるのは、同棋士に強い渡辺明竜王かもしれない。▲とにかく、このところの東京は混乱続きである。昨日の大停電、更には、豊洲問題、2020オリンピックでの経費見直しに関連しての協議会場の見直しなどで大わらわである。そんな混乱がまさか将棋界にまで及ぶとは思いも寄らなかった。

2.プライベートコーナー
 3時起床。体重は、63,7kg。▲常時使用しているコンピューターに異常が起きていて使用が不可になりつつある。何だか、自分の命の寿命のように思われ不安である。修理に出すか、新しいものに買い替えるか思案中である。(16-10-12)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3591 小池都知事、握手で閉会 | ホーム | 3589 決戦の季節 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP