プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3599 鳥取地震

 4月の熊本地震に次いで、今度は鳥取で大きな地震が起きた。地震国日本は、また大きく揺れた。

1.独り言コラム
 時刻は2時過ぎだった。筆者は電話で、コンピューターのセキュリティ設定に関して、修正の指導を受けている最中だった。ここ大津も比較的大きく揺れて、その作業が一時止めて様子を窺うことになったが、幸い、作業はしっかりと終えることができた。▲最大震度は、鳥取県中部の倉吉市などの震度6弱で、地震の規模を示すマグニチュードは6.6だった。地震のタイプは、先の熊本地震の場合と同じ内陸直下型で、この地方で多い「横ずれ断層型」との見解である。今度の地震は、先の地震調査委員会が発表していた危険な97の活断層には入っておらず、今までに見つかっていなかった活断層によるものだとの見方も出されている。建物の倒壊なども出ていて、何人かのけが人は出ているが、幸い、死者は出ていない。▲ところで、列島の揺れは、地震だけでなく、国会では、TPPの審議を前に、山本有二農水大臣の強行採決発言があって、地方公聴会開催を前に、野党が審議拒否を見せており、永田町は大きく揺れている。昨夜遅くなっての理事会で、漸く野党の合意で地方公聴会は予定通り開催されることになった。それにしても、馬鹿なことを発言する大臣には困ったことである。▲東京都心では、築地/豊洲では、市場移転を巡って大揺れである。今のところ落としどころが難しく、その展開は見通しが立っていない。▲2020東京オリンピックを巡っては、今週はバッハIOC会長の来日で、経費削減を期しての競技会場変更を巡る議論で大揺れだった、しかし、森喜朗組織委員会会長とバッハ会長の間が蜜月関係にあり、追い詰められた小池都知事の対応が注目されている。▲今日から広島と日本ハムの日本シリーズが、ジョンソンと大谷の両エースの対決で始まる。広島を震源地とするファンの揺れは、今後一週間渡って、列島を大きく揺るがすことは必至である。昨夜のNHKのニュースチェック11では、元ヤクルトの宮本慎也氏は、4勝2敗で日本ハムと宣言していた。果たしてどうだろうか。筆者は4勝3敗で日本ハムとみているが、…。

2.プライベートコーナー
 2時半起床。体重は、64.0kg。▲昨日は、朝亜早くから、シルバーサービスの庭師の方々に来ていただき、庭木の剪定をお願いした。鬱蒼としていた庭がきれいさっぱりとなってほっとしている。▲鳥取地震の影響で、大きく揺れて少し心配だった。(16-10-22)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3600 連続被弾 | ホーム | 3598 女は度胸 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP