プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3600 連続被弾

 注目の日本シリーズが昨日から始まった。期待された日本ハムの大谷翔平投手が、3回に思わぬ連続被弾を浴びた。広島の今年の底力を示す2発だった。今朝は、連続被弾を語ってみよう。

1.独り言コラム
 プロ野球では、今年は日米ともに、期待の日本人投手が連続被弾を食らっている。ヤンキースの田中将大が、9月22日に行われたレイズ戦で、大領リードしていた3回に、自身初めての連続3被弾を食らった。何かスポットに入ったような感じだったと本人は語っていたが、幸い大量点に守られて勝ち投手にはなったのは幸いだった。▲マリナーズの岩隈久志投手も、終盤の9月5日に行われたエンゼルス戦で初回にいきなり2連続被弾し、味方の援護なくそのまま負け投手となった。この一敗がポストシーズン出場争いには手痛い敗戦だった。▲国内でも、日本球界復帰二年目の広島の黒田博樹投手が、今年の交流戦でソフトバンクを相手に3連続被弾を浴びて敗れた。▲甲子園のバックスクリーンへの3連続被弾という有名な事例がある。1985年に行われた伝統の阪神―巨人戦で、巨人の槇原寛己投手が、バース、掛布、岡田の3人から連続被弾した事例で、今でも語り草になっている有名な事例だ。▲話は飛躍するが、連続被弾ということでは、広島、長崎への原爆投下は、世界の戦争史上でも唯一の核爆弾が使用された事例である。その被害の実態一片を教訓として残すべく、広島の原爆ドームが、世界遺産として登録されている。30万人の犠牲者を生んだ残酷な連続被弾だった。▲小池百合子都知事が初登庁した日、各党への挨拶回りで、自民党にはすっぽかされ、都議会議長らには、握手、記念写真撮影を拒否されるといった連続被弾を受けた。それにもめげずに、築地/豊洲移転、オリンピック経費削減などの大問題に堂々と取り組んでいる姿勢はなかなかである。▲連続被弾は手痛いが、それをばねに頑張る切っ掛けになれば結構なことである。

2.プライベートコーナー
 1時起床。体重は、63.8kg。▲筆者にとっては、今や、コンピューターは命から2番目に大切な日常のツールである。スマホと併せて3台の機器が、漸く順調に動き出したことで、精神的にもほっとした今日この頃である。大袈裟に言えば、CPは今や筆者の貴重な愛人である。(16-10-23)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3601 一強の世界 | ホーム | 3599 鳥取地震 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP