プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3601 一強の世界

 向かうところ敵なしの一強の世界は、過去においては、平和な良き時代だったと言えるかもしれない。例えば、アメリカが世界の警察と自他ともに認めていたアメリカ一強の時代、身近なスポーツ界の話題では、巨人軍が無敵のV9を果たし、強い横綱大鵬が頂点を極めていて、「巨人、大鵬、卵焼き」と言われていた一強の世界は、確かに古き良き時代だった。今朝は、現在の一強の世界を独断と偏見で拾ってみた。

1.独り言コラム
 昨日、二つの選挙区で、衆議院補欠選挙が行われた。東京10区では、先の都知事選で小池都知事誕生に貢献した若狭勝氏が、福岡6区では父親の邦夫氏の遺志を継いで出馬した鳩山二郎さんが圧勝した。いずれも自民党の候補者で、野党連合の候補者をもろともしない勝利だった。改めて自民党一強、安倍総理一強の凄い力を見せつけた形となったしかし、そのいっぽうで、若狭氏の勝利は、小池都知事の一強のもので、自民は複雑な心境だろう。▲プロ野球日本シリーズは、第2戦も広島カープが圧勝し、32年ぶりの日本一に向かって勢いづいている。今の状態は敵なしの強さで、久しぶりに広島一強の時代の到来ともなりそうだ。日本ハムの本拠機に戻っての反撃を期待したい。▲フィギュアスケートがシーズン・インして、グランプリシリーズが始まっているが、シカゴで行われた大会では、浅田真央さんは6位に終わり、どうやら、女の時代は過ぎたようだ。女子は混戦の世界だが、男子では羽生結弦選手の一強の世界のようである。但し、このカナダの大会では宇野昌磨選手が公式戦で世界で初めての4回転ジャンプを見せて優勝し、羽生選手に肉薄して来ているようだ。日本としては心強い選手層の厚さである。▲囲碁界では、井山裕太7冠の一強世界が続いているが、今行われている名人戦7番勝負では、カド番が続いていてピンチの連続だ。目下、王座戦、碁聖戦の三つのタイトル戦を並行しての厳しい戦いが続っているが、一強の世界を守り切れるかどうか、ファンが注視している。今週の名人戦第6局が大きな山となりそうだ。▲都議会では、自民党幹事長のドンと言われている内田茂氏が一強の強さで隠然たる力を発揮して来ていたが、小池新都知事の誕生で情勢は変わりつつある。とりあえずドンは表舞台からは退いたものの、今でも隠然たる力は持っているようだ。一強の世界を崩すことが出来るかどうか、小池都知事の手腕に期待したい。▲何事も盛者必衰の理をあらわすで、一強の世界もそんなに長続きするものではない。

2.プライベートコーナー
 1時起床。体重は、63.4kg。▲スマホのマスターには時間がかかる。対応の仕方が分からなくなる度に、電話での遠隔サポートで教えて頂いているのだが、昨日は、その際に、ネットワーク暗誦番号が必要となった。記憶が曖昧で、急いで購入した店に急行し無事確認できた。そんなこんなのばたばたした日が続いている今日この頃である。(16-10-24)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3602 魅力あるアラフォーの美人コメンテーター | ホーム | 3600 連続被弾 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP